月別ブログ for March of 2012

こんなに広かったのか~!


じゃあここで、靴を脱いで~、「子育てサロン」初めよっか!・・・ってくらい広いです。


組織改編やら何やらの関係で、館内は上を下への大騒ぎ。実際、ボランティアセンターが上(2階)に上がり、資材室が下(1階)に行き、生活福祉資金など取り扱う資金室は既に3階に上がり、長寿いきいきセンターも1階から2階に上がる予定。配線やら書棚やら工事が入って・・・4月の新規オープンに備えます。


そういえば、大分市社協さんも引っ越しを終えたらしいですね。津久見市社協さんも引っ越し中かと。



ちなみに、以前の同じ場所。ちょっと前だけど。


懐かしい人、写ってます(^^。

課制が部制で、多勢に無勢は防げるか?

おいたん県社協の理事会&評議員会がありました。補正予算と来年度事業計画&予算案については、例年のお約束の協議題でございますが、今年の目玉=西川きよし師匠的大目玉といえば、「課制」を「部制」にしたとです。


フラットな職場の雰囲気づくりを目指して、・・・ん?雰囲気だけでいいのかな?いや違う、連携強化を目指してですね、えーいわゆる、今後サイドスローをいかに攻略するか。オーバースローの対応しかしない職場では、今後の決勝進出は如何ともしがたい、ニンともかんともウンヌンカンヌん、という感じで再編成することとなりました。(春の高校野球シーズンネタですみません)


チマタでは、フラットな職場づくりということでチーム制にしたり、メンバー制にしたりしていますが、肝心要(かなめ)は、形や名称はどうであれ、名将・知将がいなければ陣は動かんというものでござる。昨今の阿国之方(おくにのかた)の兵糧攻めに対抗するにはこの方策しかござらぬ!ということです(全く意味不明)。


課所統合をめざした今回の改正では、部長をトップとしてその下に課所という名称はありますがいわゆる班員のような形だと思います。県とか市町村行政とかとは、ちょっと違う意味合いだと。ホントは課とかなくて良かったかもしれません。部の下にいきなり職員が7~10人いた方が良いでしょ?(誰に言ってる?(^^;)


職員がいかに「部」に所属している意識があるか。「〇〇部で◆◆担当している」と言えるか? 「課・所」に所属している意識しかない職員(又はそっちの方が強い)が多ければ多いほど、旧態依然の状態は続くんだろうね・・・。果たして4月からどうなることやら。

津久見イルカ島に高齢者サロンの参加者を

お招きするなら、今度はハーモニーランドに子育てサロンの参加者をご招待です(^^。


今年も引き続き「ハーモニーランド」様から、市町村社会福祉協議会の関係している子育てサロンと学童保育に参加している子育て世帯の方を対象に、団体専用申し込み特別料金プランの企画が実施されることとなりました。


何名からでも申込みできますが、必ず事前に予約をお願いしますよ~。


詳しいチラシは、県社協HPに載せとります。このブログにはPDFが張り付かんのよ(泣)

大自然のワンダホー

 


子どもたちとサイクリング。・・・しかし子どもってどうして干潟が好きなんだろ
(FBより天災・・・じゃなかった、転載)

魁!男塾!


全社協で「介護サービス経営セミナー」があったんだって?


日本社会事業大学の藤井先生が講師でした。久々先生。相変わらずの藤井節でした(^^。

「社会福祉協議会」ってバス停留所がすごイイ。


津久見市社協さんが、4月2日(月)オープン!の新拠点で、お披露目会!ということで、「第1回地区社協連絡会」を開催しましたので行ってきました。


会場は、隣接する「市民ふれあい交流センター」。地域から多くの地区社協運営にかかわっていらっしゃる方々が来場していました。後ろまで満員御礼。こけら落としということで、mottoひょうごの栗木先生が「地区社協活動のすすめ方」について、楽しく分かりやすくご講演。相変わらずのオモシロ話満載で、会場を爆笑の渦に巻き込んでいました(^^。


津久見市社協さんは平成21年4月から3年かけて、市内29地区ほぼすべてに、地区社協を立ち上げ支援をしてきましたよ。雨の降る日も風の吹く日もあったことでしょう。波の高い日も?地域の絆を紡いできて、ようやくすべての土地に種まき終えて、新芽が芽吹きだしているようです。“クリキセンセイ”という肥料を受けてますます勢いがついたことと思います。


と、いうことで、4月から津久見市社協が新拠点に移転、新装開店します!行政と連携して、ワンプレイス・ワンストップサービス(わんわんサービス←勝手に命名(^^;)の実現をめざして気合十分です!


社会福祉協議会も、ちょっと見せてもらいました。まだ椅子や机など運び込まれていませんでしたが、窓が多くて光が四方から入り込み、とても明るい館内でした。福祉拠点だけでなく、「ちょい寄り」できる、地域のつどい場的存在になってほしいものです(^^。

送る側、送られる側。

人間死ぬまで人生で何度も経験することだけど、悲しいことじゃない。縁が切れるわけじゃない。1つの通過的儀式として、送別会はあるんだよ。 ・・・って感じのあいさつがあり。 そう考えると、おいたん社協応援団を送り出す気持ちでみんなを送り出したい。


「ありがとうございました。これからもよろしく。」


おいたん県社協の送別会がありました。

トランスフォーマー・・・?(違う違う)

16日、「インフォーマルサービス・プレゼンテーション」を開催しました。インフォーマルなサービスをプレゼンテーションする会です(そのままやん)。


「インフォーマル」は、フォーマルが「フォーマルスーツ(礼服)」とか使われるように、公式なとか形式ばるという意味なのに対して、その反対。形式ばらない様子をいいます。カジュアルな服とでもいいましょうか。「サービス」は、福祉サービスをさしてまして、「プレゼンテーション」は、情報提示。


合わせて、形式じゃない福祉サービス、いわゆる、『法令・条例とかで制度・政策化していない、地域やNPOの人たちで支え合い助け合う(有償の場合もある)柔軟な活動の、情報提示・提供』ということです。なんとなーく分かりましたか?


午前中は導入部分として、おなじみ「Mottoひょうご」の栗木先生。難しい横文字のこの会を、簡単に分かりやすく解説していただきました!午後からは、事例発表。県内でインフォーマルな活動を行っている団体の活動報告を聞いて、皆さんの地域にも広めていってもらいたいということで・・・。(ゴメンナサイ・・・メッチャ睡魔が襲ってきて気がきいたことが書けません(ZZZ・・・)

♪さぁよ~なぁらぁ ぼぉ~くたちぃ~のぉ


ようちえん~・・・じゃないですが、卒業や引っ越しのシーズン真っ盛りになってまいりました。おいたん社協も、ご多分に漏れず、『♪引っ越しは~日通~』な状況。いや別に、日通さんに頼んでいるわけではありませんが。


2階にありました「福祉資金室」が3階に上がりました。津波対策でしょうか。そして、そのあとの写真の部屋は、『哲子の部屋』に様変わりするという・・・・・え?違う?失礼しました、1階にあった、「ボランティア・市民活動センター」となるとのことです。


壁も取り払いました。劇的ビフォー⇔アフターになるかどうか?真相は後日、この番組で。

Show The Frag!(巻き舌で)


って、米国国務副長官のアミたん(アーミテージさん(66歳))が、時のにポン国首相小泉学習デスク(編集長)に言ったとか言わなかったとかが議論となって、国中が「ええじゃないか」と一時騒然となったことは記憶に新しいが、時を経て本日3月16日、ここ豊後の国は国東の地で、「第1回!輝く!レコード・・」じゃなかった、「第1回!輝く黄色い旗サミット」が開催されましたので、大分市から一路、渡米ならぬ渡国東。


では、ここで映像をご覧ください。



平成20年12月から始まったこの運動は、3年経過して、地域の人たちの力で10か所に広がりました。視察やCM取材など、たくさんの人が国東を訪れ、全国に運動を広めようとしています。


そんな中、3年経過して実施・推進している地域の代表者が集まり、「もう一度、始めたころの初心に帰って運動の再確認」ということで、最初に市社協Fさんから、黄色い旗運動の3年間の歩み、黄色い旗運動の効果今後の展開と課題などの説明があり、そのあと、事例発表やグループ討議で意見交換を行いました。


グループ討議では当然、「マンネリ化」による課題も出てきました。でも、「運動をやってなかった時期と比べて、格段に地域の絆は深まっているんよ」という意見も多くありました。


『ソレはソレ。コレはコレ。俺は俺、お前はお前。』っていうか、個人主義が広まってきた世の中。つながりも、プツプツ途絶えてきています。特に三世代交流の機会の減少などから。


“みんなでやってる”、“みんなが仲間、支え合ってる”という「一体感」が、日本人のムラ社会文化っていうか、組織への帰属意識(何らかの集団やコミュニティに所属していると感じること)のいいところなんだなー。今後も、こういった、地域の人たちが自ら支えあう活動広がって行くように応援していきたいですね!


(出だしはどうなることやら・・・と思ったけど、何とかまとまった感はあるかな)

ぜひご覧ください。

“3.11防災キャラバン”での写真4枚が下記サイトに
アップされましたのでお知らせいたします。
 
『つながれ地球プロジェクト』
http://project311.jp/
 
TOPページを下へおろしていくと写真がたくさん載っています。
現在の掲載場所は、上から2段目の左側から4枚です。
って案内が来ましたので皆さんもゼヒ(^^!

アハ体験


「世界一受けたい授業!!」の茂木先生じゃないですけど、左右の画像の違うところをたくさん探しましょう(笑)。


県民児協の午前中は理事会(写真左)、午後は主任児童委員連絡会と児童福祉推進委員会の合同会議(写真右)がありました。


今年度の補正予算(細え!予算)ほか、「新年度は内容盛りだくさんでヒアウィゴー!(24年度の事業計画&予算案の承認)」、「ブロック別研修会が年間8会場から9会場に!?一体、どうなってしまうのか!?」、「子育てサロン、生めよ増やせよ 増やそう会」、「今年は全国大会もあるでよ!チバリヨ~!(by沖縄)」など、ボルテージMAXな協議を行いマスタ。


午後は、セミナーや研修会の協議と、「ンじゃあそんな感じで、事務局お願いします」って感じの・・・。“そんな感じ”って、どんなのなの!!??(涙目)・・・・って感じの、アハ体験豊かな1日でしたっ!(自暴自棄)

応援メッセージボードを作って掲示しちょります


日曜日、県内18市町村すべての社会福祉協議会から集まった「応援メッセージ」。昨日、大分県総合社会福祉会館の1階ロビーに飾りました。休憩するための長椅子の前に設置しています。


早速、お昼ごろには次々と見学する人たちが。「いいこと書いちょんやん」という声も(^^。


画像では見にくいと思います。しばらく掲示していますので、会館を訪れた方はぜひ目を通していただけると嬉しいです。

あんしんな生活を送るために


日夜?努力しておりますです、はい。


日常生活自立支援事業担当職員研究協議会の第3回目を開催しました。会議と研究協議を一緒に開催する方式で、大分県内市町村社協の研修体系に基づくもの・・・ってことで良いと思います。当日は、議題に対する様々な意見が出ました。

3.11―それぞれの想い




170名超参集。それぞれ、いろんなことをやりましたが、意は尽くしません。


いろいろ書き並べようとも思いましたが、また後日少しずつ紹介します。3.11を忘れないために。


キャラバン隊などスタッフの皆さん、お疲れ様でした!

第2回地域住民技術研修会を開催しましたり。


県内地域包括職員さんほか、約50名が参加。大牟田市地域包括支援センターから梅本さんにお越しいただき、総合相談支援と支援計画について一連の流れを説明していただいた後、小郡市地域包括支援センターの稲吉さんに演習を。ケースとの出会いからアセスメント、支援計画の作成までをみっちり4時間。16時30分に終わりました。


そのあと、明日の3.11会場設営を、県社会福祉士会の皆さんの協力でセットUP。あっという間にできて、感謝です!



帰って子どもたちと公園でサッカー練習。リフティングの特訓中です(^^。

二豊路に春を呼ぶ 県内回収駅伝

「3.11防災キャラバンと講演会」に向けてモロモロの準備を重ねている模様。


そして今日、ついに! 県内 18市町村! すべての! 社会福祉協議会の!


“応援メッセージ”の回収に至りました! まさに 大悦の至り!


・・・・そして夕方、無事に帰ってきておもむろにメールを開くと・・・


【今日は『二豊路に春を呼ぶ 県内回収駅伝』お疲れのことと思います。(中略)ひょっとすると、先ほどの雑柑「瀬戸香」が、少しくたびれているのがあるかも?早くお召しあがりのほど…。 また来てね!】


ってメールが・・・ (´;ω;`)ブワッ ウマいコピーに思わず脱帽!!(脱毛じゃありません)ってことで、勝手にタイトルに(^^。


お疲れも吹っ飛んだです!さらに甘いミカンで疲労回復・・・へー、「瀬戸香せとかっていうのか~。


・・・・で、食べてみました。『切って食べてね。』って言われたけど、むいて食べちゃえ!



うんまああああああ!!! (゚д゚)ウ(゚Д゚)マ(゚A゚)イイ!!(周りのみんなで食べました)


ホントに短期間・・・いや、短時間ってところもあったかも?で、急なお願いをしたのに・・・・市町村社会福祉協議会のみなさまに、感謝!感謝!です!


綺麗な画像は、当日以降UPしようと思います!!

顔本、はじめました

何にでも突っ込みたくなるタイプ・・・なので・・・(^^;でも、まだどのように使っていいのかアイどんノー!


でも性格からして、アレなんで。メインはブログかなー・・・?


そんななか、依然、48マリコだよさん(年齢不詳)から、迷惑メールが送られてきています。毎回、違った内容で、絶妙な期間を置きながら送信されてくるこのメール。つまり、毎日とか1日おきとかじゃなくて、ちゃんと『そろそろカナ』という、リアルな頃を狙ってくるのです。その一部始終は顔本に乗っけてみます。この絶妙さが、『もしかして・・・・・本物!??本物じゃなくても、激似のカワイコちゃん!?(カワイコちゃんってフレーズ、何十年ぶりかに聞いたわ!いまどき使う人いないし!・・・・・でも、カワイコちゃんって誰?語源は何?(冷静))


・・・・・って思って、思わず「返信ポン」する人がいるんだろうね。返信したら、(相手が)変身するよ、たぶん。


どこまで、どんな内容で送られてくるか、最後まで見届けようと思います。皆さん、迷惑メールは撲滅しましょう!

大団円目指して大円談


机広っ!


23年度の大分県災害ボランティアネットワーク連絡協議会が会館4階で開かれました。この協議会は介護・輸送・建築土木・情報・流通・医療・栄養・NPO等・行政といった大分県の各種機関や団体が集結してできた協議会。大規模災害時に速やかに連携が取れ、救援活動体制が整うように作られた組織です。・・・ってことで良いですよね、所長。


めじろんバスの東北派遣やふくしまっ子応援プロジェクト!、災害ボラ体験型研修会などなど、23年度の活動報告&24年度事業計画等を協議しました。


県内の避難者への支援活動とか、復興支援朝市の報告などは、あったのかな・・・?それとも別腹(^^?

終わりの始まりなのだ(byバカボンのパパ)


3つ目の部会「法人経営・制度政策研究部会」をやっとこさ開催しました(^^;。ようやく3部会すべて1回目を終了。


ふう・・・俺の役目もこれで終わったな・・・・って、これが始まりだろー!!ってことで、次回からディープな?研究部会に突入します。無事大気圏を突破できるか?1号機(防災)、2号機(地域在宅)、3号機(法人制度)の運命やいかに!?


次週、「どうしてこうなった!?社協に迫りくるスパイラルアタック!」。お楽しみに!(続きません)

フリスクを


あなたはどんな時に食べますか?っていう研修会をしました。個人的には今のフリスクのCM好きなんですが、『何が言いたいか分からない』という方も多いようで。そもそも、フリスクを食べたことが無い人も多いようで、「えっ?フリスクって食べ物なの!?」っていう人もいるんじゃないでしょうか。


・・・・・・え?・・・・・・あ、違いましたか。話を広げなくっていい?どうも失礼しました。


えーと、「リスクにどう対処しますか」、でしたね。そうそう、「リスクマネジメント研修会」でしたよ、ええそう。90名参加。「もしあなたが海外旅行に参加するとしたら」どこで、どんなリスクが、予測可能かどうか・・・など、違った目線からも、普段のリスクマネジメントの意識向上や確認ができそうな内容でございました。


気をつけなはれや!(Wエンジン風に)

ティッシュの箱が2日で1箱なくなる家庭の実情。

わが家の花粉症患者約2名。めちゃくちゃ大変そうな毎日を送っています。


そんな中、今日、津久見市社会福祉協議会のN局長さんが、おいたん社協に訪ねて来られました。(そんな中、って続きおかしいやろ?)


津久見市社協さんは、4月から「福祉ゾーン」と呼ばれる港の新天地で、行政などと一体になって、ワンストップな相談窓口として事業・活動を展開するとのことでした。リニューアルのパンフレットをご持参いただいたN局長さんの目の輝き。なんだかとっても素晴らしいものが出来上がりそうで、めちゃくちゃ期待が高まりました。落ち着いたら、また取材に行きますので、よろしくお願いしまーす!

3.11防災キャバラン(違

3月11日、県内をキャラバン隊が走ります!!(車で)おおよその時間を載せますので、もし、近くをお通りの際は手を振ってあげてください(^^。みなぎるパワーが充電されます(^^。
 
◎県北コース
出発地 ①中津市(集会)8:00~8:10
経由地 ②宇佐市 双葉の里8:30~水先9:00
③豊後高田市 水先9:00~香々地10:30
④国東市社協国見支所10:30~安岐町塩屋12:00
⑤杵築市12:15
⑥日出町13:00
⑦別府市13:30
到着地 大分県総合社会福祉会館14:00過ぎ
 
◎県南コース
出発地 ①蒲江町8:00道の駅出発
経由地  ②米水津9:00
③鶴見9:40
④佐伯市(集会)10:10~10:20和楽駐車場
⑤上浦10:50
⑥津久見市11:20
⑦臼杵市12:00
⑧佐賀関13:00
到着地 大分県総合社会福祉会館14:00過ぎ

時間はおおよそですよ。交通事情や天候で前後します。

雨が降っていなかったらナー

・・・・・って、私はほぼ外で(屋根つきですが)、ポン菓子の実演をしていたので中の様子は詳しくは分かりませんが(^^。ポン菓子とポップコーンの無料ふるまいは、150個以上(合わせたら200くらい?)最後まで残らないで終了前までに全部配り終わったので、それなりにお客さんは来たのかも。


3回目になる「朝市」を開催しました。身障センター祭りと一緒に開催。今回、小雨が降っていたので来場者の出足は悪かったのですが、まずまず、多くの人で賑わいました。2回目を年末に行ったときに、野菜や果物などが安い!ということがすでに周知されているようで(^^、常連のお客さんもちらほら出てきました。ミカン1袋200円(10こ位入ってる)、玉ねぎ6個100円ほか、飛ぶように売れていました。


身障センター祭りも、近所の高校生もボランティアなどで来ていたし、だんご汁の無料ふるまいが2階調理室でありましたが、すぐなくなっていました。他の会場も多くの人とたくさんの催しで賑わっていました~!

ポン菓子職人

 になりました。


いろんな失敗を乗り越えながら、人って大きくなるんだよね!(・・・って前向きにとらえてみるw)

一緒にがんばりましょう!


新任委員さんの研修会がありました~。平成22年12月の一斉改選後に、新たに民生委員児童委員になられた方々(任期途中での交代の方)を対象に、行っています。


既に1年以上、地域で活動している人もいますが・・・(^^;。活動の基本から、新任者(3年未満)の活動のコツ、人権学習と分散会では各地域の委員さんがそれぞれの取り組みについて、状況やギモン、悩みなどを言いあいました。ベテランの、県民児協副会長がアドバイザーで入っています。


今後も地域福祉力向上のために、一緒にがんばりましょう!よろしくお願いします!