月別ブログ for February of 2012

支え合い活動コーディネーター養成講座


の第7回目(最終回)があり、受講者全員の修了発表会がありました~。

苦情解決相談機関連絡会議


が、ありました。

ご本人様の許可を得ましたので・・・(^^


先日日曜日、職場の後輩の挙式&披露宴がありました。掲載許可は、この写真のみ。誰かは想像してください(^^。


ホントにおめでとう。お幸せに!

「フルスペック」な社協になるには、


時間と労力はかかりますが、もう、いい加減このご時世、「古スペック」なままの社協であってはなりません。この辺、住民の皆さんへのPRはもちろんのこと、役員・職員皆さんで共有しとかなければならないでしょう。


地域・在宅福祉推進事業等研究部会を開催しました・・・が!写真撮るん忘れちょったあああああ!!ということで、環境映像でお楽しみください。


開会前の13時から、県の観光・地域振興局から「買い物弱者支援事業」の説明をいただきました。24年度、県では買い物弱者への支援策として地域住民が便利に食料品などを買うことができる「持続可能」な仕組みづくりに取り組みます。県社協としても、この動きをバックアップするでー!ということで、市町村社協の皆さまにもぜひ!協働で取り組もうZE!ってことで、積極的に呼びかけてまいりたい所存。


で、その後、研究部会に突入。地域防災部会同様、正副部会長を選任後、各市町村社協の地域・在宅福祉活動や事業の現況と24年度に取り組もうとしている重点事業(活動)等を参加者全員から発言していただき、大分大学衣笠先生がまとめのコメント。さまざまな話が出ました。これらはすべて貴重な材料となりますので、あとはモコミチさんにお任せして・・・。美味しく調理していただけ・・・・・ないか、やっぱり。MOKO‘sキッチン(byZIP!)じゃねえか(^^。

迷惑メールって撲滅できないのかな~

風邪で先週2日間、ブログさぼリンピック。後日書くことになる日もあるけれど、私は元気です。日記だからいいんです。んで、話は変わるけどさ、最近迷惑メールが多くなったという人がちらほら。そんな折!ついに私にも!(皮肉っぽく)“あこがれの”迷惑メールが!どうやら「ご当選報告―アサヒ抽選」ってとこから。(以下メール内容)


●○●○●○●
500万円お振込みのご案内
●○●○●○●
アサヒ抽選 担当の木本と申します。
今期のアサヒ抽選の結果、【2等 500万円】が当選となりました!
おめでとうございます!!
早速ではございますが賞金の500万円お受け取りの簡単な手続きを行わせていただきたいと思いますので、下記のURLをクリックしていただき、受付フォームの抽選コード欄に【 12FA 】とご記入いただき、1週間以内にご返信ください。
[ご当選の受付・ご質問はコチラ]
http://fgmmfdkk29.info/ahc01/okz001
尚、指定期日までにご連絡が確認できない場合、誠に勝手ながら当選権放棄とさせていただきます事をあらかじめご了承下さい。
アサヒ抽選 担当 木本
●○●○●○●
アサヒ抽選インタビューに出演してみませんか?インタビューに出演していただけた全ての方へもれなく現金3万円をプレゼント(^-^)v[詳しくはコチラ]
http://fgmmfdkk29.info/ahc01/okz001
※本メールは配信専用アドレスにつき直接返信いただけません。

・・・って内容。もちろん、迷惑メールですので、無視しようと思いましたが、『こんアホん リンク先は、どげえなっちょるやろ?』って思って、おもむろに家のパソコンにコピペ移動。

「PCからは閲覧できません」


って文字で終了でした。


今来ているのは「シノマリ」から。「48マリコだよ」ってタイトル。これの面白いところは、1回目に来たメールの送り主が、シノマリじゃなくて「ご当選報告―アサヒ抽選」ってなってて、タイトルが「48マリコだよ」。2回目からは送り主が「シノマリ」に変わってるけど・・・。


・・・「アサヒ抽選」じゃん。


どうやら1回目に送信ミスで、前の名前を残したまま文面だけ変えて送ってしまったようです。


迷惑メールでの被害は減るどころか、増えてるんじゃないの?金銭的な被害にも発展するこの手の迷惑メール。判断力の弱い方や弱くなっている方(こども、高齢者・障がい者などなど)へは、皆さんからのフダンからの声かけが何より大切ですよ!主婦の方の被害もあるとか・・・孤立・孤独の弊害がここにも・・・


迷惑メール相談センターってのがあるので、教えられたり、教えたり。


また、ちょっと違うけど、各都道府県のサイバー犯罪を取り締まるHPを紹介するよっ!ぜひ見てねw!(←怪しげな紹介文ですが、大丈夫です。リンク先は都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧)です。

「『なんで被災地は“復興” “復興”って


責められなければならないの?』 


『(東北の人は)“我慢強い”と言われるから“我慢する”。』


・・・・・被災地で聞いた、言葉です。」


岩手県社会福祉協議会の右京参事を講師に、「市町村社会福祉協議会業務担当職員研修」を明野の介護研修センターで開催しました。東日本大震災における社会福祉協議会の取り組みについて、県社協と市町村社協との双方からみたボランティア活動について、また、午後からは緊急小口資金貸付事業と、岩手県内の福祉施設の支援活動を中心にお話いただきました。


お金(復興支援金など)じゃ解決できない問題も山積みです・・・・・。「高台に移転したから、とりあえずは大丈夫だろう」・・・・・とりあえずの、何が大丈夫なんでしょうか?そんなことを考えさせられる講義でした。


『復興ははじまった、さあ 前を向け 前を向け』って、自身のブログや公式にも言ってる人が少なくないと思いますが、いまだ前を向けない人たちもたくさん残っているはずです。


両親が津波で亡くなった4才の子どもが、「あしたは、ままかぱぱから電話がかかってくるかな」って言いながら、かかってくるはずのない携帯電話を握りしめて、眠りについた。皆さんだったら、どのように声をかけますか。


・・・そういうことです。

うー、風邪が悪化~・・・


おととい、昨日、今日と風邪が悪化。鼻水ズルズル、頭は熱でボー。寒気と身体の節々が痛いのとで大変な3日間でした。それでも仕事に出る私。


・・・そんで、やっとこさって言ったらナンですが、地域福祉推進委員会の地域防災研究部会を開きました。


開会あいさつのあと正副部会長の選任をして、その後は、大分大学の山崎先生から提供資料を説明していただきました。ちょうど社会福祉協議会が取り組む地域防災の在り方をめぐる1から10までのレジュメでして、すべてが網羅されてたような感じでしたが、皆さんいかがだったでしょうか?全部がそろえば、それこそそこの市町村社協は「マスターレベル」に達するって感じの、とても崇高なお話をいただきました。


後半は、出席の各市町社協さんから、それぞれの地域での社協・行政などの防災などの今の取り組み状況などを報告いただきました。各地の取り組み方はそれぞれありましたが、やっぱり東日本大震災を受けて、行政等と何らかのアクションをしているところが多いですね。


んで、今後は何から取り組むか?事務局内、地域、広域(県域)、九州ブロック(全国)の各段階や災害前、災害後・・・膨大なテーマがそびえ立っています。優先順位を考えながら、すべての社協が必要不可欠な最低限の取り組みから始めてレベルアップしていければ、と思っています。

今年もありがとう!あいおいさん!


愛おいさんじゃありません。


今年も、あいおい損害保険株式会社の社員の皆様からの募金で、善意銀行に車いすの寄贈がございました。あいおい損害保険では、あいおいの「IOI」にちなんで、1口101円で最高36口まで、福祉・医療・環境への募金活動を行っているそうです。


車いすは、大分市社協さんと由布市社協さんで、地域で車いすを必要としている高齢者ほか、子どもたちへの体験事業などで活躍することとなりました。誠にありがとうございました~!

今流れているCM。


♪どこでも水なしでー ・・・って感じで、今日はハナ風邪だあ~。


原因は今朝の寝冷えか!?ハナが乾燥しまくり体調が下降気味ななか、来年度事業の予算編成も大詰め。そして、第2回目の全国民生委員児童委員大会実行委員会がありました。今日で一応、大分県の案として、大会の骨子案や特別講義の講師案、オープニングやアトラクションの内容を絞ってきましたよー。


あったかくして早よ寝よ。

職場内研修で豊後高田市へ~


16日夕、日本の夕日百選に選ばれた「豊後高田市の真玉海岸」を横目に、豊後高田市社協さんへ学習支援事業でお邪魔しました。


おいたんU課長から豊後高田の職員さんへ、職場内研修。1時間にわたる講義でしたが、みなさん熱心に鉛筆を走らせておりました。


一度に全員参加は無理なので、2回に分けて研修会を行います。次は3月1日。みんなで受けて、共通認識を強めていただけたら・・・と思います!

毎年ありがたいことです!


大分県生命保険協会さんから今年も「善意銀行」に、福祉巡回車(ふれあい号)の贈呈がありました。


ふれあい号は平成3年から、同協会会員2500名以上の皆さんの歳末助け合い募金によって、地域福祉の向上のためにご寄贈いただいていて、今年は、宇佐市社協さんと国東市社協さんに地域福祉活動を進めるために贈られました。今後、街中を巡回しながら笑顔を運ぶまちづくりを一層進めていけたらと思います。どありがとうございました。

あなたがいたから、頑張れた


15日午後から隣の建物、全労済の会館ソレイユで「九州・沖縄ブロック地方消費者グループ・フォーラム」が。


去年から始まって2回目になるそうで。消費者庁のキモ入り?フォーラムなのか、消費者庁長官 福島氏本人が来県、あいさつと取り組みについて話をしました。基調講演は、今国民に求められる高齢者や買い物弱者問題の提言というタイトルで、地方圏におけるフードデザート問題を扱った内容。良かったんだけど時間が20分しかなくて、MAX早口(早口の講義は聞きなれていたんですが・・・)。まるで録画していた番組を、時間がないので1.3倍速で観たような感じ。分かりにくい人は、昔の風景を撮影した8ミリ映像を思い浮かべていただいたら・・・って余計分かんないか(^^;


その後は3つの分科会。ここではウチの“お頭”とコープおおいたさん、県観光・地域振興局さん、南九州市社協知覧支所長の泊さんが、第1分科会でパネリストとして出演。お頭から、「社会福祉協議会が買物弱者支援に取り組む意義っていうか、重要性・大切さ」について、分かりやすく説明。コープおおいたさんも、豊後大野市と同市社協との連携による移動店舗販売事業や夕食宅配事業の話、泊さんも具体的な活動の話だったので関連性があって、福祉業界以外の方にもいっそう理解が進んだと思うんだけど。質問もみんな前向きな話が出てよかった。


今日1日買い物弱者についていろいろな事例や取り組み、制度的補助の話を聞けたけど、一番印象に残ったのは・・・・・


総合司会の方のメッチャ元気っぷり(そこかよ、オイ!)

おっ!買い物じゃー


15日午前、買い物弱者支援研修会が全日空ホテルオアシスタワーで行われました。県商業・サービス業振興課主催。120名くらい?参加者がいましたが、商工会や商店街組合関係の方、NPO法人など福祉以外の方々も多くいらっしゃいました。


前半は明治大学大学院の上原教授が「買い物弱者支援の意義と方策」と題して講演。流通とマーケティング戦略の方向からみた買い物弱者支援についてお話がありましたが、買い物弱者と買い物難民の違いや物流、ネット通販の話など面白かったなあ、分かりやすくて。


その後、県内の買い物弱者に取り組んでいる商工会2か所(国東町・佐伯市)から事例発表があり、また、コープおおいたさんとトキハインダストリーさんから移動店舗販売等とネットスーパーの話が。時間の関係で10分づつでしたが、それがかえって想像力をかきたてられて??、いろいろと参考になりました(笑)。


・・・ちなみに私は夕方のOABニュースにドアップで出ていたそうです(見てないけど(^^;)。



昼食は、オアシスタワーにある牛丼専門店「久住屋」へ。このお店は、竹田市久住町にある「福祉農場コロニー久住」さんがやっていて、牛丼(黒毛和牛)450円をはじめ黒毛和牛や新鮮たまごをつかった各種丼ものが楽しめるお店。お肉がやわらかでとても美味。今日も昼食時は満員でござんした。

♪こっとしも こっとしも はなについたぞ~


今日は10月の全国大会に向けて、県民児協安部会長と活動交流集会10個のねらいづくり。全民児連と随時電話で連絡をとりながら。午後は職場内研修ではじめて管理指導職員研修に参加。ということで、世間ではバレンタイン監督(byロッテ)の日らしいが・・・え?違う?バレンタイン症候群というのもあるらしいから注意。ところで、馬連単位でー・・・じゃなかった、バレンタインデーに送るチョコの送り方って、いろいろあるなー。本命チョコと義理チョコは分かるけど、今は友チョコとか逆チョコとかあるらしい。


ちなみにあるデータでは、本命に告白しつつ送って見事彼氏としてゲットする確率は25.4%らしい。まあ、おいさんいは関係ない話だけど(^^。


私からは、先日竹田に行ったときに昼ごはん食べた「丸福(天神店)」さんのとり天定食。から揚げ一筋(一筋じゃないけど)、50年以上経ってる。


『え?私が頼んだのはから揚げじゃなくて、とり天ですが・・・』って思い、お店の人に尋ねると、「一見、から揚げに見えますが、とり天だっ」ということでした。メッチャ衣が薄いのが特徴みたい。揚げたてはジューシーで激ウマ!味噌汁にもとり肉がINしてました。って画像だけをプレゼントします(^^。お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ。

新聞にも載りました。

←拡大・・・クリックすると読めます


3.11防災キャラバンと講演会。詳しくは、あしたの朝刊で。・・・ってどこかのCMじゃないですけど、大分合同新聞に載りました。


3.11に何かしたい。けど、何か分からない。って感じている人は、どうぞ講演会にご出席ください(^^。そのままキャラバン隊の到着イベントへいざないます。無料です。

絶好調!復興庁?


復興庁が絶好調かどうかは定かではありませんが、今ごろ!!?って感じる今日この頃。


そんななか、絶好調!な地区社協の役員さん、福祉委員・自治委員・民生委員さん、婦人会の皆さんや愛育委員さんなど地域づくりの担い手の皆さん約200名が集まり、竹田市総合社会福祉センターで「地域福祉活動研修会」が開催されましたので行ってきました。


前半はみんなで、おもしろ脳トレ講座ということで、夢コラボの松尾先生が「いきいきフェイス&いきいき脳」で、みんな明るく、地域も明るくなるような講義を行いました。「表情筋をほぐすと心もほぐれる」、「褒められ上手は愛され上手」など、実演を交えてのお話で皆さんも笑ってリラックスした感じで楽しく脳トレを行いました。


後半は事例発表。竹田市の宮砥(みやど)地区社協の内田会長さんと合澤局長さんが、地域の支え合いづくり基礎組織となる社協活動について具体的な取り組みを約30分間。中でも目を引いたのは、今年度(23年度)から緊急あんしんポット(緊急医療キット)の配布活動を始めた、ということで、集中豪雨で河川の氾濫や竹田の大水害など、過去に地区で起きた災害による被害発生を教訓として、対象者世帯を年齢や世帯構成などで絞らず、地区全世帯(自治会に属していない世帯も)に配布して、緊急の場合や災害時などに備えていると話されました。


自治会での声かけ、気配りを始め、見守りカード効果の検証を行っていってるところだとか。このアイテムをみんなで持つことで、安全・安心な地域づくりの一翼を担っているという感じがしました(^^。


(タイトルと本文はほぼ関係ないです)

アンケートにご協力を~!!


第5回九州社協職員合同研究会議も無事終わりましたが、ここで一つ、当日お配りしたアンケートがありますので、支援に行った人もそうでない人も、回答していただければと思います。


誰でも、結果も見ることができますので・・・よろしゅうたのんます~。期限は特にありませんが、400名くらいに達しましたら回答が締め切られます(たぶん)。あっ、1人1回ですよ。もちろん、大分県以外の方も、ぜひどうぞ!


第5回九州社協職員合同研究会議「災害支援についてのアンケート」

分からないところは飛ばしてもOKで~す!

財務管理研修を行いました


82名参加。法人経営における財務管理の役割、具体的手法や、社会福祉法人に有効な分析手法、平成24年度からの新会計基準移行への留意点などについて5時間みっちり解説がありました~。

湯のまち別府で開催しま~す


山は富士、海は瀬戸内、湯は別府。第81回全国民生委員児童委員大会(in大分)の事業委員会を午前、活動交流集会委員会を午後に開催しました。今年の大分大会は、10月18日(木)~19日(金)、別府市ビーコンプラザを中心に開催します。1日目は、オープニング、式典(表彰など)、特別講義、大会宣言、アトラクションなど全体で行い、2日目は、別府市や大分市内のホテルで、それぞれの10個のテーマごとに分かれて活動交流集会を行います。


特に、活動交流集会は、県内各地域の民生委員さんの活動の中で「これはイイね~!」と思われるような事例を事前にたくさん提出いただいたものから、選定することになっていて、メインはその選定でござんした。178ページにぎっしりと・・・。たくさんありすぎて今日決まるのかどうか不安もありましたが、8~9割決めることができました。さすが!民生委員さんの結束力、まとまる力を改めて感じました(^^。

第5回九州社協職員合同研究会議(2日目)



昨日の余韻も冷めないうちに。第3部の開始です。今日は午前中いっぱいを使って、日頃の社協活動と災害時の支援活動を考えました。


突如発生する災害と日常の社協活動は、果たして関連がないのでしょうか?日頃からの社協活動と災害時支援を結びつけて考え、社協職員として社協活動にどのような住民への支援等が求められるのかということについて、また、社協が設置する災害ボランティアセンターの姿等について考えました。

話し手は、昨日に引き続き、滋賀県高島市社会福祉協議会の井岡さん、福岡県うきは市社会福祉協議会の國武さん、熊本県社協の江口さんと、全国社会福祉協議会から園崎さんにもお越しいただきました。進め手は、中央共同募金会の 城さんと、竹田市社協 水野さん。


こちらも、ツイッターので実況を熊本県社協の斉場さんと、福島県社協のともみちお兄さんが「やってやんよ!」ということで、実況していただきました!感謝感謝!・・・で、そのまとめを、群馬県前橋市社会福祉協議会の高山さんにまとめていただきました。感謝感謝(^人^)!前橋市社協の皆さまとは、一緒にいわき市に支援に入っていた同志です(^^。横澤さん、下田君、元気かな~。


豪華ゲストせいぞろい+参加者多数お越しいただき、とても充実の2日間でした。スタッフの皆さんもお疲れさまでした!


・・・あっ、忘れてた。この会議の資料袋とグリーンの本冊子に描かれていたイラスト「クローバー」の意味。・・・特にありません。


って書いたら怒られそうなので言いますと、佐賀県鳥栖市での開催ということで・・・?鳥栖だけに・・・?


鳥栖ジャンクション」をイメージしてみました(笑)。←この下のほうに書いてあったの、分かった?(^^

災害時の相互応援協定について知事へ報告しました

6日、県内の高齢者、障がい者、児童などの施設で構成している種別協議会ほか7つの団体が、『大分県社会福祉施設等災害時相互応援協定』の締結について合意。趣意書に調印したことを広瀬知事へ報告しました。


これにより、種別協議会などが主体となって、災害時の広域的な支援・応援体制の整備充実を図っていきます。


詳細については下欄の趣意書を参照してください。


(参考資料)大分県社会福祉施設等災害時相互応援協定 施設分布図


広瀬知事へ報告の様子


(大分県社協HPより)

第5回九州社協職員合同研究会議(1日目)


4日から5日にかけ、「災害と社協~東日本大震災からの一年・そして、これから~」を開催しました。九州社協職員合同研究会議です。当日は150名を超える方々に参加いただき、感謝感激、雨あられ状態。計画段階では100名超えたらいいね、って話していたので。(^^ゞ


第1部は「支援に行ったスタッフと現地スタッフの振り返り」。


被災地災害ボランティアセンターの活動とその後について話を伺いました。被災地の社協職員、現地にブロック派遣された職員、支援プロジェクトそれぞれの立場から振り返り。被災地に行った方もそうでない方も、活動を振り返りながらこれまでの支援や活動を考えました。


話し手に、福島県の現地スタッフからは、いわき市社会福祉協議会の草野さん、中央共同募金会から阿部さん、支援に行った側からは、長崎県の新上五島町社会福祉協議会田島さんと、おいたん竹田市社会福祉協議会の水野さん。進め手に、長崎県社会福祉協議会甲能さん。



第2部は、「避難町村社会福祉協議会の現状」。


被災地では現に、災害ボランティアセンターの設置さえままならなかった地域や、社協自体が無くなる危機にある状況のところがあり、被災地社協の“現状”を知る必要があります。実際の被災地の社協職員の方に報告をいただきました。


話し手に、福島県社会福祉協議会の斉藤さん、福島県浪江町社会福祉協議会の門馬さん。進め手は、滋賀県高島市社会福祉協議会の井岡さんでした。



情報交換会では、いわき市の草野さんがプレゼントで持ってきたバッジ(上記写真)のじゃんけん大会などを行なったり、114名も参加していただき、すっごく盛り上がりました!


1部2部ともとてもいい話が聞けましたよ~。ただ、ここに書くと長くなっちゃうし、素晴らしく実況していただいたHPもありますので、内容については「こちらをご覧ください」(感謝)。


◎2日目の様子はこちらをどうぞ


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ ←このバナーを毎日数クリックすると、日本の福祉力が多少向上していく(はず)なので、ご協力を!!?

あめ玉ありがとございました(^^参加者一同)


3日午後、サロン研修会を行いました。今回もお世話になりました、栗木先生。「ふれあい・いきいきサロンって楽しい!元気になれる!」というテーマでのご講演。タイトルどおり、会場は笑いの渦に包まれましたよー。さすが・・・


はじめての、アコ・・・じゃなかった、はじめて参加された方々も多く、皆さんすごくいい笑顔が広がっていました。そして、講義の中に、サロン活動を楽しくする、気を楽にする続け方のコツ!ヒントがたくさん散りばめられていました。このあと夕方から、鶴崎校区の講演に行ってらっしゃいました。相変わらずご多忙です(^^;。


後半は、グループ10~12人に分かれて実践講習。サロン活動を盛り上げるヒントとして、県レクリエーション協会さんが、身近な材料を使って簡単楽しくできる楽しいレクリェーションをいくつも教えていただきました。


コミュニケーション麻雀の紹介コーナーを、津久見市社協さんと国東市社協さんが担当してくれました。興味のある方々が続々と集まって、説明を聞いてました。

丸かぶり


2月3日。節分の日です。最近の大雪と激さむ気候で、葉物など野菜が軒並み高騰、家計を苦しめている今日この頃。


丸かぶり寿司(恵方巻きのことね)を作っているお寿司屋さんがインタビューに出てました。巻寿司の中に入れる必須アイテム、キュウリの値段が、例年の3割増!になっているそう。でも、丸かぶり寿司の値段は、お客さんのことを考えておいそれと上げられないので、お寿司屋さんが全負担することになってる、って話でした。


『結局、みんなが丸かぶって食す前に、お寿司屋さんが(高騰分を)“丸かぶり”してんだなー』とか考えてしまいました。


さてそんな中、午前、県民児協の正副会長会議を行いました。主な議題は、今年行われる「全国民生委員児童委員大会」について。今年初めての集まりです。開催要綱の案、式典プログラム、運営スタッフの配置や活動交流集会の件など、いろいろ決めなきゃならないことが次々・・・。


「あっちもいいな、こっちも捨てがたい」と、物を大事にしまっておく性分なので(?)なかなかスムーズにはいきません。それでも時間までには、大方の方向性が出来上がりまして終了。この後、来週の2つの委員会で少し詳しく詰めていきます。

うほーーーーーっ!


さむいねええ!!サミュエルソンだねえええ!


佐伯市社協さんにて「法律無料相談会」を開催。


昨日は雪積もってなかったのに!!今日は玄関先にスノーマンが・・・


でも、東日本、特に日本海側。大雪も大概にしてほしい、ってくらいの積雪ですね。何か対策ってないのかな・・・。

ハタハタ

ジャンボ!(こんにちは!)


K市社協さんからのお誘いで、1週間ほどホームステイしました。あっ、と言っても本当に行ったんじゃないですけど。


皆さん積極的に外に出て飛び回っていてすごいなぁ。バイタリティの高さを実感しましたよー。


・・・てなわけで、今後も引き続きステイヒア(?)。お礼に、国東市での取り組みをば宣伝します!

大雪は続く…


大雪のニュース。毎日帰ってTVをつけると、すごいことに・・・。今日は防災キャラバンの県南出発地、佐伯市社協さんへ趣旨説明に上がりました。


東北のことを考えてると、秋に行った青森でこんなの見つけたなーって思い出しました。「味噌」「カレー」「牛乳」「煎餅」。それぞれ独立したもんやん。みそ、かれー、ぎゅうにゅう、せんべい・・・っていったい・・・


まだ、封を開けていなかったので食べてみました。・・・お味は・・・


・・・湿気てました。 うっ!賞味期限切れとる・・・ ・・・お味は・・・、味噌・カレー・牛乳なせんべいでした(そのままやん)。