月別ブログ for September of 2011

サル観て想う


残暑厳しき折でしたが、先日、子どもたちと高崎山のサルを観に行きました。何十年ぶりでしょうか?


ここは知る人ぞ知るユーメイな野生のサルの観測地です。かつては「関口宏のわくわく動物ランド」「みのもんたのどうぶつ奇想天外」で紹介されまくりでしたが。


サル社会から学ぶ人間社会。サルと人間の遺伝子は2%しか違わないと聞いたことがありますが、どっちが優れているとか、劣っているとかは問題ではありませんね。


近頃、再びよく報道されるようになった「児童虐待」。あまり報道はされませんが「高齢者虐待」。深刻です。全然、減りません。減らないばかりか、逆に増えているっていう気分。報道されるたびに無力な自分を感じます。


「見て見ぬふり」だけは避けたいものです。知っていたのに「知らなかった」というやつです。 皆さんは、何か感じませんか。