月別ブログ for September of 2011

まよいみち

テーマは共同募金。で、地域福祉推進セミナーを開催しました。社会福祉協議会と共同募金の、「♪現在、過去、未来~」の関係について考える、ということで、長崎国際大学の山本主税教授をお招きして、考えること1時間半。
「ひとつ曲がり角 ひとつ間違えてぇ 迷いみちくぅーねくねぇー」(byマチコワタナベ)という状況を打破すべく(不明瞭すぎ)、山本先生がその両者の歴史について分かりやすく解説いただいたほか、地域福祉推進と社会福祉協議会、ソーシャルワークの役割について、お話いただきました。
国民相互の助け合い運動として昭和22年からスタートした共同募金。前身は大正10年戦前の長崎から始まったとされています。あれから50年。慣れ、マンネリ化、無感動など、負のスパイラルに陥ってやしませんか?
以前は福祉「施設」の充実のため使われていましたが、2000年の社会福祉改革(介護保険・社会福祉法)のとき、共同募金は「地域福祉推進のための資金」へ大転換をはかったのであります。・・・って感じのことを、地域の方々へ、十分に説明していますか?などなど、感慨深い内容のお話で、感激いたしましたです、はい。
あとは・・・(深くは語るまい)
しかし、【ソーシャルワーク】も、このくらい“クリンクリン”やんないとダメっつーことか?(・・・根本的に違うと思う)