月別ブログ for March of 2011

県内?全国?世界初?子どもが講師で

サロンネット事業の申請があがった、宇佐市の院内町「御沓サロン」にお邪魔しました。広い田んぼの真ん中に小さな公民館がポツンとあるこの地域は、住民の大半が高齢者という超高齢化地区。普段は年に数回の公民館への集まりがある地域でしたが、院内社協を通じてサロン活動を拠点に、見守り声かけ活動を興していこうというもの。でも、普通のサロン(普通のサロンってどんなんなん?)とちょっと違う?



ウィーーーーー!!!!!・・・とスタン・ハンセンがプロレスの極意を教える・・・んじゃないんですが、実は子どもたちが“講師”になる回があるんです。何の講師かというと・・・TVゲームの【wii】を教えるというもの。もらったチラシを見てみると・・・


「 TVゲームで脳トレ! 」
今、全国で話題のTVゲームを使った脳トレサロンが大分県で初めて御沓で開催されます!今回は北部小学生がゲームを教えてくれます!みんなで楽しく脳トレしましょう!

おおー!“大分県初!”のアオリはホントかどうか?ってところですが(^^、多分“Wiiサロン”って言っているのは初でしょうか?いや~、こういうの好きですね~。プロジェクターでスクリーンにでっかく投影して、巨大画面でみんなで行いました。



サロン参加の皆さんは初めてWiiを教わりながらやっていて、大きな笑いの中で「面白いなぁ」、「孫が夢中になるはずやわ~」とメチャメチャ楽しんでおりました。


脳トレ効果に加えて、身体を振ったり伸ばしたり体操もできるので介護予防にも一役買うと思いますね。さらに!お孫さんが来たときに話題についていける、ってのも、円満な家庭づくりへの波及効果で、良いかもですね。


ちなみに、昼食は今度は大人が講師になって、子ども達に「だんご汁」のだんご伸ばしを伝授して一緒に作りましたよ。



とにかくどんな形であれ、子どもと高齢者の交流する機会となって良かった良かった。なごむわー。あっという間の3時間。学校が休みの日には、また一緒にWiiをするとのことです。手探りで企画したこのサロン。今後の方向性が見えました。

3.30おいたん フクシマメール

今 後ろ髪ひかれながら二本松を発ちました。避難所の方々は日に日に厳しい表情になっているようです。とりあえず任務は終わりました。