月別ブログ for December of 2011

ボラボラの実


大分市社協さん主催の「地域福祉推進研修会」が大分市保健所であったナリ。市内3会場に分けて行なって、本日が最終日。おととい昨日とあったんだけど・・・『補正!予算!を出せい!予算!12/1まで。』と、周りがツンドラ気候になるおやじGでのお達しを総務課から言われていて、行けなんだ。


で、研修会は、明日の大分市の校区社協を担う校区社協役員さん+以外の皆さん(いわゆる校区ボランティアと呼ばれておりますが)その方々の研修会ナリよ。


8月に引き続き行った今回の研修では、テーマを「災害ボランティア」として、「災害が発生してからの社会福祉協議会の役割=災害ボランティアセンター※1(※1:災害ボラセン。全国から来るボランティアの受け入れや地域の皆さんが困っている、自力では解決できない課題や要望(泥のかき出しとか、粗大ごみの処分とか、いろいろなニーズ)を一手に積み込む(吸い上げる)需要と供給の要となるセンター。そのセンターを巨大な船に例えて、別名ボラ船=マザーシップと呼ばれている。(・・・いや、ボラ船とかマザーシップとは呼ばれてない))」・・・・えっと、何の話だっけ?


そうそう、被災地で起こっていることを教訓として、「今」、地域で行っておかなければならないことを話し合いました。前半は講義、後半でグループワーク。災害時に手助けが必要な方は?じゃあ、そのなかで、今現在把握している方々は?誰が把握しているの?把握できていない方々の手助けはどんな方法があれば可能?などを協議していました。グループワークでは、局長様も参加して・・・。全体で90分間でしたが、身の詰まったいい話し合いができていたようです。


しまたt、つい要らんことを書きすぎて長くなった・・・

屋根の上で、天に向けたメッセージ。


いよいよ12月突入ですなー・・・。ちょっと早いんですが、昨日30日、今年も某先生と事務所の方々と一緒に忘年会を行いました。


帰り、街中の照明が今年も輝いていましたが、やっぱり今年1番の話題というか、東日本大震災の被災された方々へのお見舞いや亡くなられた方々への鎮魂の意味を込めていると思いますが、LED照明がブルーで落ち着いた感じの木々となっていました。写真のものは唯一、クリスマスを祝うバージョンになっていたのかと。



んで、地元(住んでるところ)に戻ってきたら、今年も例の大在イルミネーションを始めていました。今年はどうかな~、と思っていましたが。


ただ、去年と違って、屋根の上に、東北や日本の人たちに向けたメッセージが。


「ガンバレ東北」「ガンバレ日本」「ガンバレ大分」