月別ブログ for December of 2011

生命と個人情報、どっちが大事?


児童福祉推進委員会と主任児童委員連絡会の合同会議を開きました。アジの開き。


今年度事業の進捗状況について説明のあと、大分県の児童虐待防止連絡協議会の報告がありました。先日あった、別府市での児童虐待死について、少し細かく情報提供がありました。どうして把握できなかったのか、について。


地域での見守り支え合いもさることながら、転居情報の把握(転居先や転居後の状況)をしっかりしていたら・・・特に、0~3歳児のいる家庭は、行政の住民課や不動産業者などが連携して守秘義務のある人たち(民生委員・児童委員さんだけではなく)に情報提供したら、と思いますが、難しいことなんでしょうか?


こんな話をしだすとすぐに、『個人情報!個人情報!』いい出す人がいますが、どのレベルの個人情報なんでしょう?年齢、身長、体重、血液型、趣味、性癖(誤用注意!性的嗜好じゃないですよ。本来の意味は、【人間の心理・行動上に現出する癖(くせ)や偏り、嗜好、傾向、性格】のこと!)、財産、借金等々、全てが分かっちゃうっていうんでしょうか?


生命よりも情報死守が大切だとは、思いませんが。そのへんが曖昧になっている地域の皆さんは、皆さんで考えて、地域で支え合いを「やる・やらない」を決めたほうがいいんじゃないでしょうか・・・。やりたくても「できない」という課題もあるとは思いますが、

今年もこの時期がやってまいりました。


大分県民児協の第3回理事会を、別府市亀の井ホテルで開催しました。今年度の事業の進捗(進み具合)の報告をさせてもらいました。今年は研修会を前倒しっていうか、早めのルルが効くって感じで終了してきましたので、あと残すは、ほぼ会議のみか。


まあ、それは例年のことながら・・・今年の最大の協議事項は、来年度の全国大会に向けた準備をどーやってしていくか、ってことだあね。ホント、月日が流れるのは早くてあっという間なんで、すぐ新年、そしてすぐ新年度、そしてすぐ大会・・・ってそんなに先のことじゃなくなるんですね。こういうのを『こういん やのごとし』っていうんだよね。


知らない人のために解説しておきますと、“こういん”は行員、“やのごとし”は、矢野さんと後藤さん、っていう意味。つまり、『行員、矢野・後藤氏』ってことで、【県社協担当の銀行員は、矢野さんと後藤さんですよ】ということである。○か×か。・・・とかおフザケなこと書いたら未成年に悪影響ですので?正解はこちら

チタンのチカラ


“チタンが身体にいい”って何かのCMで見たことあるけど、そのチタンではありませんし、むしろチタンが身体に良いというのをこのブログで保証するわけでもありません。


しかし!!しかしですよ、師匠!(誰?)地域福祉担当職員>地域担当>ちーたん>チタン、ってことで・・・


・・・強引すぎですか?でもゴーイングマイウェイなのでお許しを。


地域福祉担当職員連絡会を開催しました。大部屋で広々じゃなくて、小部屋でひざを交えてやりました・・・って、会場がなくてゴメンナサイ!!


2時間ほどの会議でしたが、各市町村での取り組みなどについて、緊急医療情報キット(高齢者等地域支え合い体制づくり支援事業)の件や小地域ネットワークのこと、災害時における社協の取り組みなど、各社協の情報をフルに交換・充電しました。


師匠:「わしが何故、会の冒頭で『この集まりは堅苦しくしないので、皆さん気持ちを楽にしてください』と言うたか、分かるかの・・・?」


弟子:「・・・?はっ!これが『サロン』というか、集いの場的なもの・・・?」


師匠:(うむ)


弟子:「市町村単位とか、校区単位で行われている“地域福祉ネットワーク会議”とか呼ばれているものなんですね!?先生!!」


師匠:「正式には校区とかのとは違うが、そういう感じのものじゃな。」


・・・かどうかは分かりませんが、この場を通して、いろいろなモノが見えてきたんではないでしょうか?


お互いの社協同士が同じ事業に取り組んでも、取り組み方法はその地域性でみんな違う。それらの話をミックスして聞いたとき、新しいアイデアとか、いわゆる「もっとうまくいく」方法が見つかるんだろうと思います。今までも、年数回開いてきましたが、「今後は定期的に開いてほしい」というご感想も出ましたし、もう少し回数を増やすとかお茶飲み会的な気楽な雰囲気で、でも内容は真面目に、集まって話す日があっても良いでしょうね。