月別ブログ for November of 2011

続・みやこ路快速(京大突入編)


27日(日)。今日は全社協主催の「地域の福祉力セミナー」があり。京都駅から黄檗(おうばく)という、昨日の宇治駅の1つ手前の駅へ向かいました。京都駅は、紅葉シーズン真っただ中ということでメチャクシャ観光客でごった返していて、奈良行きのJRも押すな押すなの満員状態。老若男女、ニポンも諸外国の方もまさに多国籍な感じ。これで30分近く揺られるのか~、大変だなー…と思いながら乗車。すると、次が「東福寺」という駅で、到着すると、大げさじゃなくて、乗客のほぼ9割が一斉にザアアアアーっと下車。車内はガランドゥ(by秀樹・・・違うか)状態で、今度はホームが人だかりに(^^。


『何だ?何だ?』と不思議に思ったので、同行していたケンサク君(職員H。愛フォン所持者)に検索してもらうと、何と紅葉のメッカだそう。【東福寺(とうふくじ)は京都屈指の紅葉の観光名所です。・・・】って載ってて、画像に出た紅葉風景がとても素晴らしく、思わず次の駅で下車後、ひるがえりたくなるほどでしたが、上司と一緒に参加していたのでここはグッと我慢して真面目さをアピール。お寺と紅葉の織りなす風景が、全世界的に人々の心をいやすんだろーなー・・・なんて。 ♪く・や・しぃいけれぇーど!お・ま・えにぃむちゅーう♪



前日開催の「~サミット」と一緒に開催されること早○年。今年のテーマは「地域福祉活動計画策定のプロセスから、地域の協働の場とネットワークづくりを考えてみよー!」という内容でございました。神戸学院大学の藤井先生が、午前中は基調講演、午後はシンポジウムのコーディネーターでした。シンポは、先生が地域福祉活動計画策定に携わった、滋賀県高島市と兵庫県西宮市からの事例報告。シンポジストとして2名ずつ来ておりました。内容は良かったんですが、セミナーだから仕方ないかもしれないけど、ちょっと会場が暗すぎる気が・・・。


帰りの新幹線・電車は、お客が多くて満員でしたが、何とか席を確保できて無事着きました。あっ、ちなみに、全国校区・小地域福祉サミットは、来年兵庫県・神戸市で行われるそうです。今回、大分からの参加は5名・・・。来年はもっと、皆さん参加しましょうよ!