月別ブログ for November of 2011

(最後は私の想像です)


アメリカ合衆国ではないUSAのほうで、「ひとり暮らし高齢者ふれあい交流会」が開催されました。回りくどいようだが、宇佐市ってことね、USAは。院内町でっす。とても米国とは思えない、ニポンの風景が広がる山間部で、町をあげての実施。米国じゃないけど、稲刈り後の(米)田ということで、米つながりってところが万国共通の部分です(意味不明)。



ちょっとした集会場で、温かなお祝いセレモニーかな~と思い行ってみると・・・町内すべての1人暮らしの高齢者が一堂に会しちょりますがな!!?シクラメンの花を手前に、そうそうたる人数です。聞くと、参加は主催側を含め全体で240名ぐらいだそうです。


このような「ひとり暮らし高齢者」の交流会は、県内でみると2か月に1回行うところや、半年に1回行うところなど、地域によって開催回数・内容などは違いますが、ここ「院内」では、このつどいを年1回、社会福祉協議会、民生委員児童委員協議会、老人クラブ連合会が三位一体となって、日頃おひとりで生活されている高齢者の皆さまを交流を通じて元気にしよう!ということで、開いておりますとか。午前から午後にかけて、地域の保育園の子どもたちによるお遊戯披露や、尺八と琴の演奏、皿回しなど多くの催し物が開かれました。



民生委員・児童委員さんの演劇「訪問販売撃退講座」がありました。社協のKさんが台本を書き、院内町の委員さんたちが演じていました。方言を交えてなかなかの演技力でござんした。会場からも笑いが・・・


写真は劇中で皆さんに向けて「健康体操」をしているところ。「体操」の取り入れもなかなか斬新な感じでした。あとは、劇団四季・・・みたいなミュージカル風寸劇にしたら、おもろいかも(ムリか(^^;)。・・・年代的には、ナントか一座公演、みたいな感じのほうがウケがいい?


机の上のシクラメンは、皆さん一人一人が自宅に持ち帰って、育てるそうです。「みんな、長生きしようね。また来年、元気で会おうね。」という願いを込めて・・・