月別ブログ for November of 2011

23年度市町村社協常務理事・事務局長研究協議会(2日目)


さあ、昨日の交流会のお酒もすっかり抜けて(?)、2日目は、朝9時~正午までの日程で、「講演Ⅱ」・「活動報告」・「研究協議2」を行いましたよ。


講演Ⅱでは、大阪府豊中市社会福祉協議会から、勝部麗子参事をお招きして、「制度の狭間・・・社会福祉協議会ができること」と題して講演いただき。


地域の方々のフダンの暮らしの中から生まれる様々な生活課題・・・ごみ屋敷支援とか引きこもり支援など、行政サービスだけでは行き届かない分野の解決に向けて、チャレンジする社会福祉協議会の存在意義について「社協だからできること!」を再認識することができました。



活動報告では、佐伯市社協の河野常務より「社内広報紙」の発行について報告があり、社会福祉協議会の職員同士の結束力や連携強化を醸成するための関わり方などについて、常務理事としての役割等を報告してもらいました。


昨日に引き続いての研究協議は、時間が不足して申し訳なかったんですが、3つの議題に対して活発なご意見等が出されました。


参加者のご意見では、「“動く”ネットワークについて改めて考えてみたい」や「引き継がれる良好な組織づくりの必要性を実感」などの声が聞かれました。矢浦常務、勝部参事にはご多忙の中お越しいただきました。改めてお礼申し上げます。ありがとうございました!