月別ブログ for July of 2011

ごうう


台風。久々に近くを通りましたね~。ニアばい。博多弁じゃないです。 nearbyですか。


大雨が降ったところもあり、災害が起こったところも。大分でもけが人が出ました。が、一方では恵みの雨なわけで。自然災害は、人間の手で防ぐのは到底困難です。


日頃からの近所の声かけ・気にかけが、緊急時の強い安心につながる・・・って、日頃から一部の人たちだけじゃなく、老若男女、みんなに思ってもらいたいな~。

ミッション コンプリート

いわき市での一日の流れです~。詳しく書くと長くなっちゃいますので、簡単に。



9時前に受付を、外のプレハブ(スーパーハウス)で開始します。初めて参加する方、2回目以降の方と、分かれています。



その前から、ニーズ班が依頼先の方々と今日の活動内容や必要な人数・資材などなど。事細かに電話でやり取りを続けています。後ろから入ります。



初回参加の方には、1日の流れやボランティアの心構え、留意事項などについてオリエンテーションを行います。写真左のパーテーションの裏で行います。2回目以降の人たちには、オリエンテーションを飛ばして、マッチングを行います(写真右)。人数少なく感じますが、多い時は450人超の人をマッチングしなけりゃならず、写真撮りどころじゃありません。ほぼ人がいなくなった時しか写真は撮れませんので(^^。



マッチングが終わると、必要な資材をボラセンター前のテントで積み込んで、出発します。行き帰りの道は、地震の影響もあり、道路がくにゃくにゃ曲がっているところや段差のあるところが多々あり、スピードを出しすぎないよう運転します。



現場に着いたら、作業開始です。こまめな水分補給、休憩をとり、十分な体調管理をしながら自分のできるペースで活動を行います。活動中に分からないことや、病気・怪我の人が出た場合は、ニーズ班に連絡します。 ・・・ちなみに、写真左の赤いものは何だと思いますか?(正解は最後に)


その間も、ボランティア活動や放射線のことや、高速道路の無料申請などなど、県外や市内の方からありとあらゆる相談や問い合わせが、1階の総合受付班にかかってきます。



活動を終えたら、センターへ帰ります。ちなみに、左の写真は、何だと思いますか?工場?港?のあと・・・?


正解は、コンビニ「セブンイレブン」です。


壁や中のものは、すべて津波で流されてしまっていました。震災があった次の日、地域の人たちが住めなくなって遠くの避難所に移り住んでいくなか、残っているお年寄りや体の不自由な方々のことを思い、露天状態であっても営業をはじめたそうです。


 


そして、帰ってきたら、資材をテントに返し。チェックが終わったら、今日の活動を報告します。



私たちはその後、すべてのボランティアさんが戻って来てから、レンタカーの給油を行い、最後に全体ミーティングでそれぞれの班の活動報告を行います。と、いう流れです。


最後に、上の写真の「赤いもの」の答えです。 正解は、「消防車」でした。改めて津波のすごさを思い知らされました。


ということで、災害ボランティアをやってみようか、とお考えの皆さん。自分のペースで、休憩を多くとりながら活動できます!「午前中しかできない」っていうのOK!まったく問題ありません。仕事ではなく活動(支援)ですので、黙々と一生懸命にする必要はありません。健康第一。大切なのは、各地から集まってきたボランティアの「皆さんとのコミュニケーション」と、「被災者への声かけ(コミュニケーション)」。それも、ボランティアとしての使命です。


原発はどうにも簡単にはいきませんが、復興への手助けは、どなたでも力になりえる!実際、70才を過ぎた夫妻が東京からやって来て、『大丈夫かな~・・・』と心配しましたが、戻ってこられた時の充実感あふれる笑顔に出会い、こっちまで感動して泣きそうになりました。みなさん、力を集めましょう!!


・・・という感じで、今回のお話をお開きにしたいと思います。また、支援に行く日まで。  次のブログからは、普段の調子に戻る予定(^^。

いわきからおおいたへ


今日は七夕。遂にいわきから帰る日が来ました。短い間で役に立てたかは疑問ですが、何とか無事バトンをつなぎました。


最終日(昨日)に「お疲れさん会」を開いたところで、いわき名物“メヒカリ”に出会いました。


メヒカリとは


いや~、実物見たのは初めてです。唐揚がっちゃってるんで、よく分からないかも知れませんが、目が出て光ってます。最終日にしてやっと出会いました。



改めて見ると、いわきは広っ!って感じです。その分、海岸部も長いわけなので、たくさんのボランティアの皆さんの熱い思いが必要なんでしょうね。


3.11の震災以降、4.11、4.14の地震など(震度6弱等)によって、内陸方面も家屋損壊や塀の崩落があって、手付かずな場所も多々あります。北に位置する「久之浜」のほうは、原発から30キロ圏内の地域もあり、現在は人も住んでいて安全宣言が出されているけど、やっぱり復興が遅れています。


がんばろういわき!がんばろう福島!・・・ちなみに、この一週間でメチャクチャ アセダクでした(^^。 体重の増減はというと・・・  ・・・・・・!!??

いわき7日目


いよいよラストデーです。今日は、次期クールの方々と一緒に行動して、各班の業務を引き継ぎます。


平日にもかかららず、160人以上のボランティアの皆さんが、活動されました。


私たちも微力でしたが、第26クール、チームワークで何とかやり遂げました。万感の思いです。


ボランティアの皆さんも、同じ思いだと感じます。それは、朝、マッチングして送り出してから夕方、報告のために戻ってきたときの、皆さんの顔です。


実際に対面した者にしか分からないと思いますが、それはそれはものすごく、いい顔しています。人それぞれの力で、復興にかかわることができた・・・という思いの詰まった、万感の笑顔です。くたびれた、という顔の方は見られません。私たちも皆さんの笑顔を見て、笑顔になります。


いよいよ明日、いわきを離れます。私たちは本当に短距離ランナーでしたが、いわき市社協のスタッフの皆さんは3.11からずっと走り続けていて、頭のさがる思いです。本当にお世話になりました!


ボランティアの方がメッセージカードに書いていました。『人は微力なり、されど無力にあらず』。まったく同感です。今後も微力ながら、支援を続けていきたいと思います。そして、第26クールのチームの皆さん。本当にいい仲間ができました。これからも絆でつながっていきたいと思います。ありがとう

いわき6日目


左はボランティア受付窓口。右は団体さんが資材を積み込む様子です。


いわき6日目っす。今日もよい天気。本日は、5階のオリ・マッチングじゃなくて、1階の受付班のとっころで活動開始。何でか、っていうと、団体さんの受け入れのため。団体さんはバスで来たりするので、5階に上がっていただかなくて、バス車中などでオリエンテーションを行いますです。


雨は降らん・・・と思いきや、車中でオリしている途中、ドザーーーーーっと車窓に雨が。


今日は雨か!?と思いきや(思いきや多すぎ)、にわか雨で、ホッとしました。


せっかく、朝6時半出発でいわき市に支援に来ていただいたのに、よもや雨で活動中止・・・なんて考えてしまったので。(なんか、東北地方で広範囲に異常気象だったようですね)



マッチングをした後(左)、1階で資材を受け取って、出発です。


今日も暑い1日でした。九州に比べたらちょっとは良いかもしれませんが、直射日光下はやっぱ暑いです。しかも、活動中は怪我の防止のため長袖着用が原則で、暑さ倍増っす。防塵マスクの中がアセダクになるほど(^^;。


・・・ってな感じで、本日も送り出しなどスムーズに運営できました。


夕方、次の九州ブロック(第27クール)の方々がやって来て、一緒にミーティングしました。みなさんちょっと緊張気味?つい先日の自分を見ているようでした(笑)

いわき5日目

はっ!!と気が付いたら、もう5日目っす。


月曜は、休日と違い、ボラ参加者も3分の1程度になりました。しかも暑さでなのか、復興が進んでいる?ためか、ジョジョに参加する方々が少なくなってきているような。気のせいでしょうか?


夏休みとかになると、また多くなってくるかも知れません、が、熱中症など十分気をつけたいもの。昨日もおひとり、熱中しすぎて熱中症になった、との報告が。なので、参加の皆さんには「仕事」と思わず、「活動」ですので、被災された方々へのコミュニケーション(ほぼ無視状態で、黙々と作業しない)とか、他県から来た仲間と話したりして交流したり、休憩を十分とってください。という感じのアナウンスを行っています。


大体、マッチングは一通りの流れでできるようになりました。一応、3ページにわたるマッチング班のマニュアルはありますが、読んでません(^^;。実際やってみないとチンプンカンプン。臨機応変にやっとります。


ボランティアの方が少なかった分、会場清掃やいろんなところにある棚などの片づけなどなど・・・行いました。


ちなみに、受付は1階で、オリとマッチングは5階の会場となっています。階段の上り下りで、暑いっす。しかも、長袖着てやってます。


昼食は、おいたん県社協ではちょっとした名物店となっているお弁当屋さんの「から揚げ弁当」。出発前に、先発の人から「食べてみよ~」と言われていたので、買いに行きました。徒歩10分ぐらい。


(ベストハウス風に)・・・・・それが、コレだ・・・・・   1・2・3!



カナリヤバいくらい、盛りっ!!と入ってますです。これにご飯が同じくらいの入れ物でついてます。


“山盛り”ならぬ、“ヤバもり”でした・・・。入れ物が小さいのか・・・?と思いましたが、そんなに小さくない。いわきの社協の人に聞いてみましたら、この「こうや弁当」さんは、大盛り!でメジャー・・・といってもチェーン店ではないんですが、それをウリとしているとのことでした。


社協としても、こういった“インパクト”でウリを見つけないとな~、とか考えながら食して・・・うまっ!味も良い感じ。


・・・なんだか災害ボラから逸れちゃいましたけど(^^。

いわき4日目

いわき4日目っす。今日はオリエンタルラジオ・・・じゃなく、オリエンテーションを担当。日曜日とあって、ボランティアンの方々がたくさん参加されました。


特に、災害救援ボランティアが初めての人も多く、“オリ”では、そんな初回参加者へ、活動の1日の流れや注意&連絡事項などをお伝えする係となってオリエンタル。


午前中は、オリ説明を行い、午後は報告班を中心に活動。


当初雨の予報も出ていましたが、まったく雨は降らず。今日は結構日差しも暑く、大変な1日でした。350名ほどの方が、ボランティア参加しました。お疲れ様でした。


 

いわき4日目

昨日、おとといと無理こシャリこ画像をUPできました。


それと、いわき市でのボランティアさんたちの活動は、


いわき市災害救援ボランティアセンターブログ で観ることができますよ。


ツイッター もやってますね!


参加していたボランティアの方に聞いたら、「こんなにツイッターを頻繁に更新している被災地社協はないですよ」と言ってましたよ~。

いわき3日目

3日目でっす。写真がうまくUPできません。どうしたら良いでしょう?昨日はそのほかにも、被災した“現場”を見に行きました。いわき市社協さんのご案内で。


想像を絶する光景が・・・。でも、それはまた後日・・・。


 


今日はいよいよマッチング“本格”始動です。土曜日なので、月~金よりもボランティアの方々が多く集まってきました。んで、マッチングに次ぐマッチング。


マッチングが落ち着いたのは10時半ごろ。落ち着いたので『現地に応援に行ってほしい』ということで、おいたん含むスタッフ2名とボランティアさん1名、計3名で、勿来(なこそ)地区の活動場所へ追加応援隊で入りました。車で30分。


沿岸部ではなかったので、津波被害はなかったけど、古い家が地震で全壊になっているところ、取り壊すための家財の持ち出し(家と納屋)、集積場への運搬、という作業を7名で行っていましたので、そこに入ってえっちらおっちら活動しました。暑さのためアセダク。改めてボランティアさんの力をありがたく感じました。


その後、報告班が手薄になっていることを予測し、少し早めに切り上げて本部に戻り、1階のプレハブ小屋へ。ここで、お帰りボランティアさんを待ちつつ、報告を受けます。今日は、炊き出しの皆さんが来ていて、お昼にカレーを出していました。食べたかったけど勿来にいたので、食べられず…残念。



でも、かき氷にはありつけました。帰ってきてからのかき氷の旨さは格別でした。練乳入り。


その後も何かと活動があって、終わるのは大体7時頃でした・・・ってことで、おやすみなさい。

いわき2日目

2日目でっす。今日は実際の活動をとーして、係の業務を覚えます。オーボエ。



おいたんは、『オリ・マッチング!』係となりました。


・・・???「おっす!おり・ゴクウ!」じゃありません。ゴクウの東北弁バージョンかと思いきや(思わねえだろ、普通)、「オリエンテーション&マッチング班」なんよ。 何でマッチングは略さないのかは不明。「オリマツ」にすればカッコいいじゃん (・・・いや、カッコいいとかの問題じゃねぇやろ)。


細かいこと言えば、メチャクチャやること多い・・・というか、ボランティアさん達に、グループを募り、活動の場所や内容、持っていくモノ、車両、リーダー&サブリーダー決め、運転者決め、注意事項、連絡事項などなど正確に伝える係です。


マッチングというよりも、まいっちんぐ!って感じです。


・・・大丈夫かいな?(頭のほう)


その他、報告や車両など、いろいろと兼ね備えた活動がプラスされてオリマツ。(ここで使うか)


とにかく、やるしかないです。がんばります。