月別ブログ for June of 2011

ふくしま・いわき市へ

福島県いわき市の災害救援ボランティアセンターの支援のため、第26クールに参加するべく出発しました。


大分~羽田~上野~いわきってな流れで、約5時間半(待ち時間含む)で到着。でも、スーパーひたちの車窓から、東京スカイツリーを発見。建物が多くてほとんど撮ることができんかったけど、何とか写真に収められた~。



大分は晴天やったけど、梅雨前線がちょうどかかっていた茨城県を中心に、前後は曇天。途中は大雨・雷の悪天候でした。


5時半に集合ということで、いわき市福祉センターへ。いわき市災害救援ボランティアセンターがあるところです。1日の活動が終わり、ミーティングと一緒に、次のクールで入る人たち(私たち)の引き継ぎが行われます。


センター本部で支援するのは初めてなので、何だか、事前に『いろんな係がある』とは聞かされていたものの、実際何をどうするのやら。・・・???な感じで、新人の皆さんは、おいたんを含め(^^;緊張気味。



そして、各係の割り当ての発表がありました。おいたんは・・・(続く)

【→続きを見る】

思うだけじゃなく、行動に移そう!


今年度初のブロック別研修会を開催しました。県内8ヵ所で、今年はモチロン「災害時の支援、平常時(普段)の取り組み」をメインテーマにおいた研修です。大分でももっと危機意識を高めたい・・・という気持ちで。


・・・という訳かどうかはわからんチンですが、明日から再び「フクシマ」へ旅立ってきます。


今度は「いわき市」へ、ボランティアセンター支援として、7月7日まで行ってまいりやす。


時間があれば、現地からおいたんがお伝えします。

【→続きを見る】

くさがれた


推進協力員の皆さま、大変お疲れでございました。



いろんな意味で草臥れた。

気分総会

おいたん県社協の職員互助会総会がありました。互助会つったら、歓迎会、忘年会、送別会、給付事業が例年お決まりの活動ですが、23年度は、ビヤホールが加わってました。


「そのほか何かありますか?」と参加者に振られたので、「ぶどう狩りに行きたい」、「スィーツの会」、「海外旅行に行きたい」など言ってみましたが、どうなるんでしょう(^^。

【→続きを見る】

大分のパワースポットの一つ

3連続学習会シリーズ?・・・じゃないんですが、リクエストを受けて、学習会支援事業を日出町社協で行いました。


「住み続けられる地域社旗の実現について組織で考える」と題して、A課長が講義&演習を行いました。


事例検証では2班に分かれ、最近あった?リアル事例によって、浮かび上がる対応等の問題点から、解決策を探っていきました。


 


帰りに事務局に寄ってみると・・・くまのピーちゃんの横に、何やら緑の物体が・・・


キューちゃん、だったっけ?カッパの・・・


何コレ チン百景かと思いきや、先日、栗木先生が、道中日出町に寄り、キューちゃんを落としていった(置いて)いった、とのこと。


あっ、そういえばあの日の帰りか・・・!?


大分のパワースポットとなっている様子。ピーちゃんの足をさすりに来る子どもたちや大人たちが多いとのことで。

密室で・・・?


伝家の宝刀オービーエス   OBS大分放送が、局長殿のところに取材に来ておりました。何の取材かというと・・・


見た方もいるかと思いますが、ボランティアバス「めじろん1号」が無事地球に・・・っじゃなくって、大分に帰還したっつーことで、取材陣が駆け付けたいうことであります。


「1号」っていうくらいだから、「2号」「3号」って、続くんだろうねぇ・・・


スペースシャトルも打ち止めが決まったことだし、後を継いで・・・


ってか、めじろん1号に乗った方々も、思いのタケを、それぞれのブログに綴っておりますなー。

会長さんそろい踏み


県民児協主催の単位民協会長研修会を1泊2日で、別府湾ロイヤルホテルで開催。約190名の会長さんが参加しました。


全民児連、藤村副会長さんの「リーダーの役割」の講義のあと、人権学習、事例発表と続き、分散会でお互いの情報交換を行いました。事例発表と分散会は、防災について再確認する意味合いで、それぞれの地域での取り組みについて話し合いました。交流会やその後の・・・夜遅くまで盛り上がってまいりました。



2日目は午前中まで。大分県の防災対策についての現況などを、県の防災危機管理室から説明を受け、地域の民生委員さんが普段から備えておく取り組みについて、話をしていただきました。


深夜まで・・・だったため、2日目の司会はノドの渇きと声が出ずボロボロ・・・でも何とか無事終わってようございました。


来月は、3年に1度の副会長研修ですよ~!

【→続きを見る】

あさがお観察日記


つるが「大分」伸びてきました。あっ、「だいぶん」ですよ。「おおいた」伸びてきたじゃありませんから。


そういえば、子どもが幼稚園の頃、なんか歌っていた歌、あったなー・・・


歌じゃなかった、じゃんけんで、「お寺の 和尚さんが かぼちゃの 種を まきました。 芽が出て 膨らんで 花が咲いて 実になって 種をとったら じゃんけんポン!」って長っ!


しかも朝顔じゃなくて、かぼちゃの種やし。


 


ところで、昔のこういった歌って、なぜ和尚さんがよく出てくるんだろうねぇ・・・?


というか、ホンマにカーテンになるんやろうか・・・?って、毎日疑問に思いながらチェゲラ!

【→続きを見る】

すばらしきかな


毎年恒例の、「市町村社協職員合同研修会」。今年は竹田市の「久住スポーツ研修センター」で行いましたよー。


1泊2日の研修会では、



飲んだり食ったり飲んだり食ったり・・・じゃな~~~~~~~~~い!!!!!


しら真剣に、災害時に住民の民さんに真に役立つ社会福祉協議会を目指して、何をどうするか、考える2日間となりました。


参加した皆さんは、「被災地の様子と社協の働きが“具体的に”知ることができた」、「日頃からのつながり、ネットワークの構築の大切さがわかった」、「継続的なテーマとして取り上げてもらいたい」など、大変良かったという感想が。


また、社協3年未満の参加者からは、「事例報告はもちろんのこと他社協の方々と輪を広げられてとても良かった」「普段から何を思って仕事に当たるべきか考えさせられました」という意見があり。2日間、盛り上がりました!


参加してない社協の皆さんも、今後は積極的に参加すると吉。ぜひ来てね!

【→続きを見る】

めじろん1号が帰ってきました。

6月18日(土)
夜の9時前、4日間の被災地でのボランティア活動を終えた皆さんが、無事大分に帰ってきました。
みんなが意外と元気なのに驚きましたが、皆さんの表情から何かをやりとげとげたという満足感と無事に大分に帰ってきたという安堵感を感じました。
<%image(20110620-1308529098.jpg|400|282|null)%>
皆さん本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。

【→続きを見る】

何の先生でショウ


突然、mottoひょうごの栗木先生が来所されました(^^。


「いや~、昨日津久見に呼ばれて、行った帰りですわー」と言われてましたが・・・


大分で下車して、駅から、いつもの“徒歩”で、大分市社協経由でやってきたとのこと。


居るはずのない人が、フツーの表情(失礼)で事務局に来ると、


「ん・・・・・・え!?」って、ネタじゃなくて、2度見する感覚を味わってしまいました(^^。


先生ー今後ともよろしくお願いします~!


(って結局、何の先生かって話にはなっていませんが・・・)

【→続きを見る】

何の研修でショウ①

【→続きを見る】

何の会議でショウ②

【→続きを見る】

何の会議でショウ①

【→続きを見る】

福祉会館のなかみ紹介


3階にあります。母子家庭の方々へ就労などの支援をおこなってます。

【→続きを見る】

観察日記


アサガオ日記。本日は、県庁に来年度開催予定の「全国民生委員児童委員大会」についての話をしに行きました。


いよいよ前に進みますなー。

【→続きを見る】

災害ボランティアバス「めじろん1号」出発


災害ボランティアバス「めじろん1号」が出発しました。
中津から乗車する5名を除く35名を乗せた災害ボランティアバスが、宮城県気仙沼市に向けて予定通り9時に、大分県社会福祉協議会前を出発しました。

災害ボランティアバス「めじろん1号」出発


災害ボランティアバス「めじろん1号」が出発しました。
中津から乗車する5名を除く35名を乗せた災害ボランティアバスが、宮城県気仙沼市に向けて予定通り9時に、大分県社会福祉協議会前を出発しました。

【→続きを見る】

デリケン


日出町社会福祉協議会で、職員研修会を行いましたよ~。


おいたん県社協が実施している、“学習会支援事業”。職場内研修への支援を行っております。デリバリー研修会。略してデリケン。


デリケンって言うな!   (アンタが言ったんでしょ?)


今日は、「組織の活性化を考える」と題して、研修センターS課長が講師をしました。


う~~む。  とても深イイ話が聞けました。

ろうにゃくなんにょ


竹田市では、地域でのふれあい・ささえあいの担い手、福祉委員さんの委嘱式があり、竹田地区189名、荻地区26名の福祉委員さん活動が新たにスタートしました。


恐縮ながら、そのあと「福祉委員の役割」について、活動のポイントなど、小一時間お話しさせていただきました。


いやー、私も勉強になったわー。・・・ってオイ!


福祉委員活動が活性化すれば地域が活性化しますので、ぜひラブinアクション!(by日本赤十字社)で、行動していただけたら・・・(^^・・・・って、献血しろよ!って言ってるんじゃないんで、


直球で受け取らないでね (;´Д`)

新社協人としての心構え


県内社会福祉協議会の新任職員さんの研修会を行いました。24名参加。


新“社会”人の研修は、4月に介護研修センターで受講できますが、


新“社協”人の研修は、ここでしか受けられません、ってことでおK?


社会福祉協議会の方向性(芳香じゃないよ。)、社会福祉協議会活動に必要な視点、社協職員としての心構えなどを、1日に凝縮して、新任さんにお伝えしておます。


参加者からは、「これまで研修を受けることなく業務に就いていた。具体的には社協について分かっていなかったので、今日研修に参加して、イメージできるようになった」や、「日ごろの業務では精一杯取り組んでいますが、他の課で行っている業務がどのようなものがあるか知らないといけないと思いました」など、改めて社協全体を考えることができるようになったという感想が多くありました。


また、普段社協の仕事について感じていることを聞いたところ、「地域密着のやりがいのある業務です。1日1日成長していきたい」や、「地域のつながり仕事に慣れることで精一杯であるが、自分の生まれ育った地域に恩返しができるよう頑張っていきたい」など、新人さんのアツいメッセージもあり、なぜかホッとしました。(・・・ちなみに、“アツい”と“ホッと(hot)”を掛けてます・・・ってことで・・・)

to You


そぼ降る雨の中、竹田市社協さんに行ってきました。


何しに行ったかは、ひみつ。


お題は、“梅雨(つゆ)”の英語読みです(冗談)。

あなたが遭ったら、どうします?


東日本大震災で大分県内に避難してきている方々を対象に、県被災者受入対策室が、集いの会の開催しました。


県内12世帯35名が参加していました。


皆さん集まって、情報交換したり、思いのたけを話していました。「みんな被災者ばかりなんだから、今日この集まりで、今まで思ってきたことを全部出しちゃいなさいよ」と言われていた方。


その話にふれ、中には号泣する方も・・・


 


・・・そりゃそうでしょうよ。


家も、思い出の品々も、全部流されちゃったんだから。


 


いくら言葉をかけても駄目だと思います。


やっぱり私たちにできることは、地域ぐるみで「あたたかく支える」行動だと思います。たぶん。

朝顔係長

えーと、おいたん社協職員は、会議や総会、被災者支援事業などでの市町村周り、法律巡回相談などいろいろあってますが、写真がないので環境映像でお楽しみください。



“朝顔係長”(勝手に命名)が、いるようです。


かもーつれっしゃーしゅっしゅっしゅー。


 


昼休み、順次、竹の支柱を組み立てていってる模様。


よくみると、元気玉(byDBZ)まで蒔いてあるし、3本を間引いて2本に、さらにプランター底には置き石が・・・


(資料映像:元気玉)


あっ、 全然季節感のない映像が流れてしまいました。大変失礼いたしました。



そーいえば、先日NHKの人が見に来ていましたな~。


お恥ずかしい。

先週のこと@観察日記


台風接近中に撮影した時の「ミドカ」の様子。


フタバ出とりますよ~。