月別ブログ for May of 2010

ついに始動!サロンネット活動!

サロン活動をDVDで学シュー
「サロン活動による見守り・支え合い活動ネットワーク事業」(名前長っ!)の説明会を開催したんです!県内社協ほか30名弱の参加者が集まったんです!

この事業は、基金をもとに、県社協が推進するサロン活動の趣旨にマッチしているサロンを、県内全域に広げていくというもの。助成は1回、3年間を予定しています。これからサロンを立ち上げるところと、既にサロンは運営していて、見守り機能とネットワークの拠点としての機能を標準装備したサロンであれば、子ども店長から減税・補助金が受けられます(誤報)。

ちなみに事業名が長いので、略称は「サロンネット事業」。愛称は「つみき運動」です。キャッチフレーズもありますよ。
笑顔あふれるまちづくりのため、この助成金を大いに活用してくださいね!ちなみに、お申し込みは、お住まいの市町村の社会福祉協議会を通じてお願いシマっす!

(解説)
・・・ってか、「サロン」って何?日サロ(日焼けサロン)なら知ってるんだけど~!っていう方へ
*ひとり暮らしや家の中で過ごしがちな高齢者などと、地域住民(ボランティアなど)が、自宅から歩いて行ける場所に気軽に集い、ふれあいをとおして仲間づくりや生きがい・健康づくりの輪を広げる活動をする「場所」がサロンです。高齢者だけじゃなくて障がい者や子育て中の母親など、閉じこもりがちな方々が気軽に集まる「場所」として、全国的にも広がってきてます。

今日は精度が低いなあ(間違いが多いってこと)

はるんけあ
午前中、県内市町村のハルンケア担当者、じゃなかった、ボランティア担当者を招き猫ダックし、今年度の事業計画などについて協議しましたよ。
夏のお嬢さん(by榊原郁恵)じゃなかった、夏のボランティア(通称:夏ボラ)について等、多岐にわたる話です。
つまり、アイスクリ~ム、『YOUスクリ~ム』ってことで、和訳すると『あなたを救う』という活動らしいです(確実に違うと思う)。
正式に活動を知りたい方は、県ボランティア・市民活動センターへお問い合わせください。
きっと答えが見つかるはず!!

スガシカオ(“すがすがしい顔”の略)

null
おいたん県社協の理事会、ひおうぎ貝・・・じゃなかった、評議員会がありました。
総務の皆さんもこの日に向けて、ハードなトレーニングを積んでいました。今日がいよいよ大会です。
私は職場で事務処理などをしていたので内容はどうこう分かりませんが、会場から出てきたソームの皆さん。おトイレから出てきたように、とても清々しい顔をしとりました(失礼)。
きっと上手くいったんでしょう。乙カレーでした。

いよいよ始動!?

別府市社協さんが来所されました。
地域福祉活動計画を策定するとのことで、策定までのスケジュールや方法など、いろいろ話し合いました。
別府市さんは、古(いにしえ)の時代、既に策定の巻物?を作っていて、秘宝化していたので、今回はリニューアル!という形でしょうか?今後他市などの社協さんに秘宝「参考書」を求めて旅立つそうで、機会がありましたら私もパーティに加えさせていただければと思います(^^。

ふえるわかめちゃん

null
null
リケンのふえるわかめちゃん。知ってます?

それはさておき、あーん、中津市ん役所じ、地域ん福祉力だか福祉ん地域力だか、あったんじゃわぁ。

府内城主大友宗麟が「後詰め(ごづめ)じゃ!後詰めを出せい!」と言ったかどうかは不明ですが、県からやって来る人数がだんだん増えてきて、中津城主黒田官兵衛孝高も『何だかだんだん大人数になってくな~』と思っていたけど?、一応、今回が最終確認ってことで。
次回からは少数で、いよいよ地域に入っていくようです。(ってか、時代背景めちゃくちゃやし)

帰りに、中津市社協さんに小一時間ほどお邪魔しました。

すりりんご

ふぅ。やっと写真が撮れました。
市町村社協職員連絡協の代表者会議(2班)を行いました。
今回は、前回出席の代表者以外の市町村社協代表者での打ち合わせです。
今日は今日で、前回と一味違った意見がいろいろありました。うーむ、参考になります。
この後、すり合わせて研修会を開催します。両会の意向は何とか実現したいと思います。「すり合わせ」を間違えて「すりつぶし」しないように気を付けまっす!
ちなみに、研修会は、6月25日(金)PM~26日(土)AM、住吉浜研修センターで開催されることとなりました。

夕方、日出町社協のお二方が来所されました。県で地域の福祉力の打ち合わせをしてきたそうで。
元気になっとりました(^^。

昭和58年から脈々と続いております(^^。

老舗ですよ。市町村社協職員連絡協議会。
その代表者会議がありましたダス。今回は、職員合同研修会(一泊研修会)の中身決めと、九州ブロック地域福祉研究会議の役割についてと、連絡協の活用についてをメインに話し合いました。
代表者会議を2回に分けて行い、今日出席できなかった委員さんたちは次回24日の会議に出席と相成っております。
皆さん、お酒が入ってないと?大変奥ゆかしい方が多く・・・ってな感じではありませんでしたが、なかなか活発な意見交換をしました。
職員連絡協は、平成19年に機構改革をして、自己研さんに励む社協人の任意の会となり、零細な感じで細々と頑張っております。が!今後は、もう少し活動を活性化させていきたいと思ってます。
市町村社協法人本体からの援助は惜しんでおりませんので、どうぞ積極的なご支援をよろしくお願いします(^^。

あっ、写真撮るの忘レター!(遅刻のせい?)

和風と洋風が織りなす風景

神社の横に高層ビル 総会後のセミナー
東京とっきょときゃこきゅ(言えてねえ)に出席のため?上京な状況です。
全国地域福祉推進委員会の総会&セミナーが全社協会議室でありました。
全社協の近くに、こんな神社がありました。金比羅様を祀っているそうで、高層ビルの隣にあるその風景は何だか違和感ありありな感じでしたが、結構集っている人たちがいて、都会の一角のオアシス的存在になってる感じでした。単に見慣れてないだけでしょうが(^^。教会とかなら違和感ないんだろうけど。

県民児協の理事会がありました~

県民児協の理事会を行いました。議案は事業報告や決算について3つほどですが、年度初めの理事会ということで、連絡事項など8項目について協議しました。内容はというと、
①民生委員・児童委員の日活動強化週間について
②児童委員活動強化推進方策モデル事業について
③単位民生委員児童委員会長研修会について
④第12回福祉の翼について
⑤第79回全国民生委員大会について
⑥平成22年度ブロック別研修会について
⑦サロン活動による見守り・支えあい活動ネットワーク事業について
⑧平成22年度九州ブロック地域福祉研究会議について
です。皆さん勢いがありますねぇ!特に今後は、市町村社協とさらに連携して、他分野の地域づくり関係者を巻き込みながら、「福祉’sまちづくり」を進めて行きましょう!