月別ブログ for February of 2010

津波がやってきて・・・ドーナツてるの?

行きはよいよい
帰りはこわい
普段、買い物には車で行くけど、たまたま今日に限って子どもたち2人を電車に乗っけてドーナツでも買いに行こう!ということにしました。子どもは久々の電車で喜びまくり。・・・しかし、“行きはよいよい、帰りはこわい”でした。最寄りの駅から大分駅に行っただけなのに・・・。大分駅でドーナツ買って、その辺をちょっとプラーっとして帰ろう・・・と思い、改札口に戻って電光掲示板で帰りの時刻を見ようとしたら・・・。あれっ?「日豊線下り」の掲示板が何か変?消えてる・・・?
近づくと、写真のような看板が。【津波警報により、大分以南、宮崎までの全ての電車が運休いたしました】(TnT)。
ノォオオオオオーーーーーーーーッ!!
Σ≡<(TДT||;)>≡
えっ?えっ??わずか15分足らずですよ?15分前まで動いてたでしょ?
・・・放送が流れてきました。「ただ今、県内津波警報が発令されております。警報解除まで、日豊線下りの列車全てを運休いたします。復旧は18時…」
18時!!?・・・2時間後やん!!2時間も駅で何しろと・・・?ということで、バスで帰ろうということに。
しかし・・・バスも運悪く出発したばかりで、家近くのバス停行きが来るまで50分待ち。(田舎なもんで。)結局、20分で来る隣町行きのバスに乗って帰ることにしました(T-T)。都会ならすぐ来るんだろうね・・・。
すぐ帰れると思ってあまり厚着をせずに出てきてしまったため、待っている間に日が陰ってきて、肌寒くなってきました。
やっとバスが来て乗り込んだ3人。「今日は大冒険やったなあ」と言って、暖かいバスの中で3人で居眠りしました。1時間以内で帰る買い物が、結局3時間近くの旅になってしまいました(^^;。津波の影響は、海岸沿いだけではありません、というお話でした。

豊重館長のお話はこれで3度目(^^

ちょっと前の新聞で、27日に「やねだん」の豊重館長が宇佐市安心院(あじむ)町で講演会を行う、ということを知ったので、今年7月にある「九州ブロック地域福祉研究会議」の「記念講演」でお呼びしているため、事前打合せ、ということでお会いしてまいりました。
研修は旧安心院町内の自治委員さんたちが中心でした。今、宇佐市周辺部対策・小規模集落対策の一環として、集落を越えて地区や校区ぐるみで支えあう新たな仕組みづくりを推進していて、住民主体の自治の確立を目指しているとのこと。21年度から始まったばかりですが、4地区で地域コミュ組織が設立されているそうじゃ。
(目を泳がせながら)ワインとスッポン目当てで行ったんじゃないですよ!研修会があったんで、参加してきたんですよ、ええ。

玖珠で“元気玉”は発動するか?

活発な意見が
玖珠町社会福祉協議会では、第三次地域福祉活動計画の策定に向けて、委員会でねるねるねるね(←知ってる?)の作業をしています。
26日は策定委員と作業委員の合同会議があり、地域福祉懇談会の開催内容などについて話し合いました。
3月2日~15日にかけて、町内8つの地区で地域での困りごと・心配ごとの解決を目指すための地域福祉懇談会を開く予定にしているそう。懇談会で出された「地域の諸課題」について、福祉を推進する基礎組織としての社協が第三次計画に反映する、という流れの、はずです。
遂行するためには、地域の人たちの支えが必要です。
みんな!!オラに元気を分けてくれ!!という気持ちです。(謎)

善意の心が大分の未来を育てますですよ~

目録をドーゾ
あいおい損害保険株式会社の社員の皆様からの募金により、善意銀行に車いす3台の寄贈がありました。
あいおい損害保険では、あいおいの「IOI」にちなんで、1人1か月101円を1口として、最高30口、福祉・医療・環境への募金活動を行っているそうです!
車いすは、第一博愛寮さんと大分市社協さんで、施設を利用されている方や子どもたち等への体験事業で活躍することとなりました。誠にありがとうございました。

あっ、そうそう。このブログをご覧の皆様からの募金もお待ちしておりますですよ~!あなたの善意を1コインで。あなたの善い行いが誰かの幸せに、きっと役立ちます(^^。
それと、忘れちゃいけないのが大分合同新聞のF記者さん。いつも取材にお越しいただきありがとうございます(^^!

県内には約40団体あるそうで・・・

熱気ムンムン
今日は久々朝から雨やな~。そんな中、午後から「住民参加型在宅福祉サービス研修会」を3階母子研修室で行いましたよ。60名参加。
今後のそれぞれの活動を活性化させるため、3つの団体の実践報告と全体での情報交換をしました。たまには地域で頑張っている人たちが集まるのも良いね。心のガソリンを蓄えることが出来たでしょうか(^^?

住民参加型在宅福祉サービスって・・・何?

表の裏はウラ

null
ウラを見せてくれって言うんで、見せます。
水くみできるそうですが・・・
水はキレイなんでしょうけど・・・(^^;

明日はガソリン特売日(25・26日)

予算編成の時期となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか(^^?今日は日がな一日予算関係などなど、事務をしておりました。
外出たことといったら、大分銀行へ入出金の手続き+ビーコンプラザへの支払いへGO。
たまには?こんな日もあるよね(誰に納得を求めてるんだ?)
ちなみに写真は、竹田市の道の駅「竹田」です。駅中央にこのようなオブジェがあって、裏に水くみできる装置?がついていました。駅には、「水」の駅って書いてあるように、竹田は湧水群(湧き水がたくさん出るところ)で有名です。水野駅。水野さんが居るところ、という意味でもあるかと。(絶対違う)
コーヒーの味は、まろ茶になります(いや、お茶にはなんないでしょ)。まろやか。

写真トルの忘れました(^^;

null
小地域福祉活動検討部会を開催しました。地域福祉における社会福祉協議会の現在の状況から、部会が今後取り組む活動内容についてたっぷり2時間協議しました。
市町村社協の皆様、今後調査用紙をお送りしますのでご協力をよろしくお願いいたします!!

久々に地球の上にいる小さな自分を実感(^^;

null
null
null
今日の帰りは、ちょっと寄るところがあって、水分峠からやまなみハイウェーを通って久住高原へ。夕景がとてもキレイでした。
(^^

応援します!「日本一の田舎づくり」

満員で立ち見の人も

九重町文化センターで「福祉と健康と社会教育を考える集い」がありました。福祉、健康、社会教育の各分野の協働した取り組みを考えるとても良い機会でした。
前半は各分野の功労者表彰がありましたが、受賞者の功績が冊子に掲載されていて、門外漢の人でも、その人が地域でどんな活動をしてこられたのかが分かるようになっていました。まさに地域に居る「人」が見えるようです。
後半はシンポジウム。「地域の力で、こころといのちをつなぐ。」をテーマに、“日本一の田舎づくり”をめざす九重町の「まちづくり分野」と「教育分野」と「保健福祉分野」の住民代表3名+助言者のトークで、あっという間に時間が経ちました。

若ぇシを育てちいかななえ。

一方その頃?、福祉会館4階では、ボランティア協力校などの学校関係者や社協職員、地域のボランティア団体やNPOの方が参加して「福祉教育実践活動発表会」を行いました。
これまで学校では、児童や生徒の豊かな人間関係を築くため、学校を中心とした福祉教育が実践されてきましたが、やっぱ今後は地域にも目を向けて、「地域を支えていく人を育てる」っつー目線で、学校&地域&市民活動団体が連携していく必要がある、とのおおせじゃ。
小・中・高校の実践発表+今後の学校・地域における福祉教育の講演があり、いろいろ考えさせられました。分かっちゃいるけど、って人が多いと思うテーマですが、いざとなったら、ねぇ。
出た芽を絶やさないで、地道に一歩ずつ前進あるのみ。

蛍の光窓の雪、という、今回で解散(ハッピーエンド?)

最後に記念写真をば
県社協地域福祉委員会「研修企画検討部会」の3回目の会議を行いました。今年度、ってか、一応。研修企画部会としては最後の会議です。
「社協の人材育成基本方針」「研修基本方針」「職場研修の手引き(管理監督者用)」の3点セットが完成しました!!
・・・いや?何とか一応出来上がりました。
・・・いや?出来上がったような感じです。
・・・いや?出来上がったふうに見えます。
・・・いや・・・・・・・(フェードアウト)

部員の皆様、大変お世話になり、ありがとうございました(^^!!
私たち、フツーの職員になります!!
(部屋を出際に、マイクを置く)

かれこれ、14回目になります。

夕方から、中津市社協・三光支所にて開催の山国ネットワーク会議の打合せ会議(Kプロジェクト企画チーム会議と呼んでます)に出席。旧山国町でとったアンケの結果分析と、地区座談会を開催するためのスケジュールや進め方について話し合いましたよ。
時折、冗談を言い合ったり、笑いありの打合せでした。やっぱ、しかめっ面だらけの会議より、良いアイデアが出るし、話が進みますね~。実感しました(^^。

いしんでんしん きょうどうつうしん

負けないで
宇佐市社協さんの地域福祉担当者会議に出席しました~。
今年度から、年間事業の総まとめを地域担当みんなで行いました。事業・成果・課題・対処。
んで、22年度計画へ――という流れで可視化することにより、担当者同士の連携・協働・思いやり・支えあい・・・まで生まれるかどうかは定かじゃありませんが、まあそんな感じです(アバウトやなぁ~)

ふれあいゴー!でヒアウイゴー!

here we goの意味
梅の花もほころぶ2月の今日、おいたん県社協の【善意銀行】あて、大分県生命保険協会さんから福祉巡回車(ふれあい号)の贈呈式がありました!
ふれあい号は平成2年度から、協会会員約2700名の皆さんの歳末助け合い募金によって、地域福祉の向上のために毎年ご寄贈いただいており、その数、累計58台!
今年は、中津市社協さんと豊後大野市社協さんに1台ずつ、地域福祉活動のために贈られましたよ。
ありがとうございました!

福祉の進み具合は・・・?

null
大分県社協地域福祉員会がありました。
今年度の各専門部会の取り組み状況についての報告と、7月の九ブロ研究会議の説明&内容協議を行いました。なるべく多くの人に参加してもらえるようにせな、いかんなー。
次回は3月開催予定でっす。

子育て満足度日本一を目指そう!!


児童虐待の相談対応件数は、全国で年間4万件を超えているの、知ってましたか・・・?1日にすると110件!!?まさしく110番通報な状況ですよ!!
親子、家族の関係がいかに厳しい状況にあるか・・・深刻な社会問題となっています。

そんな中、県内の児童養護施設などに勤務する職員さんや行政関係機関の方々を対象に、17・18日の二日間「県児童養護施設職員合同研修会」を別府市内のホテルにて開催しました。80名以上参加。
大分県は、子育て満足度日本一を目指してます。今年の4月1日から、大分県社会福祉センターが子ども女性相談支援センターとしてリニューアルオープンして、子育て支援のための相談体制を充実。児童虐待やDV等への支援を強化しまっせー!
分散会は5つに分かれて、専門的内容を協議しました。

参議院選もあるけど、一斉改選もあるよ。

県民児協の地域福祉推進委員会を行いました。今年の12月1日、民生委員児童委員さんの一斉改選があります。来年度の事業計画案を立てましたよ。

練りました。

使用後。
県民児協の児童関係合同会議を行いましたよ。主任児童委員連絡会+児童福祉推進委員会の合同会議です。
各地域での子ども、子育て世帯の状況を意見交換を行いつつ、来年度に向けての事業計画も練馬区。

力を合わせてみんなの幸せヲオオ~

null
アヒルネコダック
すんません、ネタ切れです(^^;

うちの課の職員撮影。
結構イケてません?

「タメになったね~」「タメになったよ~」

部屋のようす1
部屋のようす2
(下の記事から読んでよね!)
2日目。午前中は昨日の続きで講義があり、午後はパネルディスカッションほか全体会など、まとめがあったッス。参加者の経験年数は、1~15年以上と幅広。
いやはや二日間、様々なことを学ばせていただきました。ぜひ大分にも招聘したいですね(^^。
講師陣からいろんなメッセージをいただきました。以下私の感じた感想なので・・・分かってますよね?「違うやろ~とか言わない~の!」(by姫ちゃん)
山本講師・・・宍粟(しそう)市キャラ「しーたん」結構好き。社協PRせよ!
茂籠講師・・・好きこそものの上手なれになれ!
凪講師・・・大事MANブラザーズバンド!
山口講師・・・人から気づかせてもらって自分を築け!
大阪府立大の小野先生にもお世話になりました。

・・・ちなみに(最近ちなみにが多いな)、7月15日・16日に、大分市で「平成22年度九州ブロック地域福祉研究会議」が開催されます。会議。となっていますが、地域福祉の研究協議や記念講演、福祉の動向など盛りだくさんの内容を考えています。
社協の役員・職員さん以外にも、ボランティア・NPO・民生委員さん自治会役員さん、学生さんなど、九州各県の地域福祉活動されている方々、ぜひとも参加してくださいね。
4月中・下旬には要綱が出来ますので、「少々お待ちを~!」(byもう中学生)

【→続きを見る】

バンクーバーオリンピックとかけましてー、

コンクリートジャングルにひときわ目立つ怪しげな像が
全体会のようすー
バンクーバーオリンピック開幕!とバレンタインデー!で、巷が賑やかに盛り上がっている二日間、福岡市健康づくりセンター等複合施設あれいふ(写真の建物)で「第4回九州4県社協職員合同研究会議」がありました。そうそう、さらに福岡ヤフードームでは、B’zのコンサートが・・・。どおりで宿がトレねーと思ったんだよ~。

そんな、地球規模のイベントも吹き飛ばしながら(T-T)、九州各県から80名以上の社協役員&職員が参加。1日目の13日は大阪・兵庫・滋賀の関西社協ワーカーの先駆的かつ独創的かつ情熱的取り組みについて、4会場に4グループで分かれて移動しながら、事例・講義を受けましたよ、はい。
夜は近くの居酒屋で交流会。結構な出席率。2階の座敷で行いました。1階がガラスで見渡せるようになっていて。漁船型の客席から下のいけす(海を想定?)に向かって、なぜかお客が釣りを楽しんでいましたよ。釣れた魚を食べるんでしょうね(^^?イッツ ファニエスト ジャパニーズ。

【→続きを見る】

下の記事に関連して・・・(^^

日本一の一覧です。時間がある時に見てくださいね。
こちらも紹介。日本一ネット
活動のヒントが載ってるかもよ~

ここはどこでしょう?

null null
ちょっと先日、久々に動いた観覧車に乗ってきました。無料で乗れるんすよ。年何回しか回ってないんよね・・・。
九州石油ドームや高速道路、郊外住宅地など見晴らし最高でした。最近雨が多いので、なかなか外出がねぇ・・・
今日は小雨が降りそぼるなか、大分県竹田市直入町の長湯温泉「御前湯」に行ってきました。
ひとっ風゜呂500円。良いお湯でした。

ちなみに、長湯温泉は、日本一の炭酸泉でっせ。某メーカーの「バブ」もあやかるほど。
九重町の「九重“夢”大吊橋」と違って、マイナーな日本一かな?(ちなみに、正式には一と違うようです(^^;)

散切り頭を叩いてみれば、

SITYOUSONSYAKAIHUKUSI
KYOUGIKAINO///しまった、変換してなかった。再度。
市町村社会福祉協議会の事務局長会議が福祉会館3階でありました。
県内社協の局長さんが一堂に会し、意見交換。県の行政説明が、地域福祉推進室の河野室長からあり、県社協の来年度事業の説明と合わせ、予定時間を超過する白熱?の会議となりました。
通常、年1回開催していますが、年2回開催は今年初の試みかと。まあ、前年度と同じことやってる時代じゃないからね。

『散切り頭を叩いてみれば、三時のおやつは文明堂』・・・だったっけ?
「心はいつも太平洋ぜよ!」(感化されすぎ)・・・ちなみに、
「心     太  」は何と読むでしょう?

文明開化(ウィキより)
※ちなみに、変換前のローマ字読みはそのまま残します。脳内サプリ用に。普段使う脳の違う部分が働きます(多分(^^)。

広報紙も見たってや~

ゲキシャポイントから
過日、県社協広報紙の編集委員会がありましたので激写。県社協ホームページにも載っとるさかいに。
楽しく愉快な機関誌を目指し(冗談)、皆さん頑張っている!様子が伺えます!・・・ってことで良いですよね?Iさん?

各機関・団体との連携づくり(権利擁護・成年後見の場合)

こんばんは。8時のMiiニュースをお伝えします。
今日、権利擁護・成年後見推進連絡会議の2回目の会合が、福祉会館3階でありました。
県社協では、関係機関が集まっての会議を、今年から本格的に取り組み始めました。
街のMiiに聞きました。
「情報交換を行う場としていぐね?」
はい。以上、Miiがお伝えしました。

この会議は・・・
高齢者、障がい者が地域生活を送るなかで、財産侵害や悪質商法被害、親族間の虐待などの社会問題が増加しています。
問題も複雑化の傾向にあり、各機関単独での取り組みでは解決を図ることが困難なケースが増えてきていて、医療・福祉・司法などの関係機関のネットワークを図ることを目的にしています。
ちなみに、セミナーも年2回開催することとしています。

何とか年度内に

null
中津市社協三光支所で、中津市山国町で展開している「コミュ二ティ・エンパワメント」事業の打合せ会議を行いました。
夕方から夜にかけて、今後のスケジュールなどについて打合せ。帰りの気温は1℃・・・(車の温度計より。)
寝るな!寝たら死ぬぞ!って感じの中、帰宅しました。今度は18日にあります。

活動のヒント瓶詰め無料

null
待っとりました?マッタリとした?大分大学福祉フォーラムがiichiko総合文化センター音の泉ホールでありました。県社協後援。第13回目となるこの集いは、【地域でのふれあいが安心につながる】をテーマに、ざっと見、500名以上の参加者を得て開催。
基調講演では、「孤独死ゼロ作戦から年中無休のいきいきサロンまで」と題して、千葉県松戸市の常磐平団地自治会中沢会長さんのお話が。
大分大学福祉科学研究センターの椋野教授の「福祉のまちおこし調査研究事業」報告の後、パネルデスカッション「ふれあい安心の地域づくりについて」。
別府市民児協の友永さんも、パネル パネラー パネリストとして発表しました。(比較級と最上級(嘘)
・・・しかし何だね、写真にもあるように、やっぱ若いワー!参加者層が!

巻きでお願いします!

なんか憎めない鬼やな~ 食べ過ぎ注意

またまた、ご多聞に漏れず節分で、豆まきしました。モチロン鬼役は私。豆まきし過ぎで、玄関が豆だらけに・・・

そして、太巻きです。丸かぶり寿司です。巻き寿司のように切らずに、黙々と食べます。
ご存じと思いますが、正式名は、恵方(えほう)巻きといいます。
Σ(゚д゚ノ)ノ エー!?(・0・。) ほー・・・ということです。(不明瞭)
4人家族でどんだけ食うんや(^^;

まあ、総じて言えることは、両方『まき』つながり、ってことで、2月3日のこの日にセットで行う行事のようです。(新説・・・って冗談ですよ(^^)

そのための、心の肥やしを蓄えました。

ゲキシャポイントから撮影
市町村社会福祉協議会の理事さん・職員さんの合同研修会が、100名以上の参加者のもと、県社会福祉介護研修センターでありました。
午前中は、福祉の最新情報・動向について、厚労省社会・援護局の中島専門官のお話と、午後は、島根県松江市社会福祉協議会の須田常務理事が、『松江市社協の小地域福祉活動と今後の取り組み』について、お話しされました。
今後さらに、市町村社協の役職員さんが一体となって、住民・行政を巻き込みながら地域福祉活動の輪を広げていただければ・・・

スキップして行ってみたい児童福祉施設

null
県民児協 広報紙編集委員さんが別府市に新しくできた、子育て支援拠点施設「すきっぷパーク」に取材に行きました。
保育所と子育て支援センターが合体!子育て支援のための総合的な複合施設としての多機能化を目的に、子どもと子育て家庭の支援を行っていこうえ!といった風合いです。
施設名は、同市内の3歳の子が考えたそうですよ。

キリン チャレンジカップ

観客席の様子フィールド
サッカー国際親善試合が、大分のヤホードーム・・・じゃなかった、九州石油ドームでありましたので、颯爽と観戦へ!

●感想
 「寒かった・・・」

1点って!!??

1点って!?
「『このパソコン 調子変だね』と君が言ったから 2月2日はウィルスチェックの日」(byサラダ記念日)
・・・ということで、パソコンの調子がすこぶる悪くなり申したので、無料セキュリティソフトを使ってパソコン健康診断をしてみたら・・・

『1点!!!!!?1点って・・・』

どうやら温床になっていた模様で、かなりヤバイというか、『極度の危険状態です。深刻です。すぐ処理して下さい』という、精密検査(人間で言ういわゆる5段階の5)という診断結果が(^^;。

その後、すぐに駆除作戦を敢行!結果は・・・

【→続きを見る】

毎月末は、里親さんたちのサロン!

カメラにピース(^^v
県社協では、県内の里親さんが会員となって構成されている『里親協議会』の運営も行っておりますです、はい。
毎月末に、大分ブロックの里親さんたちが集まってサロンを開いて、子育てに関することや悩み・素朴な疑問など、いろいろなお話で情報交換されています。
先週金曜日は大分市社協さんが取材に訪れました。大分市社協さんも、市で里親さんの支援を行っているようですよ。
里親さんには、養育里親、専門里親、養子縁組を前提とした里親、親族里親の4種が日本にはあります。保護者が病気などで養育できなかったり、児童虐待があったりなど、何らかの理由があって養育できなくなったお子さんを養育する方々です。

里親とは?