2018年度「次世代育成支援活動」に助成します

 一般財団法人九電みらい財団では、九州の未来を担う子どもたちの健やかな成長を応援するため、九州各地の諸団体が取り組む次世代育成支援活動への助成事業を行っています。

 このたび下記のとおり助成団体を募集していますので、奮ってご応募ください。

 

<募集する活動>

 九州地域において、非営利団体が、子どもたちの健全育成や子育て世帯の支援に向けて取り組む以下のような活動

 

【子どもたちへの支援活動】

 体験を通じて、子どもの社会性や協調性、規範意識などを育むこと、及び九州地域を大切にする子どもの育成を目的とした活動

(活動事例)

  • 地域の方から歴史や文化(郷土芸能や伝統工芸)を学び、地域の方とともに伝統芸能や伝統工芸を体験する活動
  • 農林漁村への民泊などを通じて、九州の農林漁業の大切さや仕組みを学ぶ活動
  • 地域の多様な世代とのもの作り体験を通して、世代間交流を体験する活動

 

【子育て世帯への支援活動】

 共働き世帯や非正規雇用の増加、地域のつながりの希薄化など、子育て世帯を取り巻く厳しい状況を緩和することを目的とした活動

(活動事例)

  • 経済的困難を抱える世帯の児童への学習支援活動
  • 育児に悩む子育て世帯への支援活動
  • 親に対する子どもの健全な食生活への支援活動

 

※ 上記の活動事例は、あくまで例として記載していますので、創意工夫あふれる応募をお待ちしております。

※ 子どもたちの対象年代は、概ね高校生までを対象とします。

※ 自然体験等の環境分野のみの活動は対象外とします。

 

<応募受付期間>

 2017年11月15日(水)~2017年12月26日(火)消印有効

※ 助成決定の発表は3月末目途

 

<助成金額と件数>

 1件名あたりの上限金額は100万円(助成金総額1,400万円)、助成件数は20件程度

 

<活動期間>

 活動期間は2018年4月1日~2019年3月31日とします。

 

<選考方法/選考結果の公表>

 外部の有識者を交えた選考委員会での審議を経て助成団体を決定し、2018年3月末を目途に財団ホームページで助成が決定した団体を発表

 

 詳細につきましては、こちらの【財団ホームページ】をご参照ください。