欧州製薬団体連合会より助成金のお知らせ

欧州製薬団体連合会(EFPIA Japan)は、日本で事業展開している欧州の革新的製薬企業を代表する団体で、研究開発志向型の製薬企業24社が加盟しています。

このたび、日本における患者支援および政策提言活動のさらなる活性化に向け、「新たな患者団体支援プログラム」に対する助成を下記のとおり募集しています。

 

<目的>

患者団体の活動を支援し、その活動を広く知らしめることにより、日本における患者支援・アドボカシー活動の更なる活性化を図り、日本における患者さん中心医療の推進に貢献する。

 

<応募要項>

1. 応募資格

① 日本の患者さんを対象として活動している患者団体であること

② 社団法人、財団法人、NPO 法人など、正式に登記されている非営利団体であること。

2. 選定基準

① 患者団体として明確な目的を持ち、目標(成果指標)を明確にしていること

② 過去の活動において目的の達成に向けた具体的な成果を示していること

③ 助成金を用いる活動の具体的な実施計画を持っていること(助成金の利用方法を含む)

④ 助成金を用いた活動の結果の周知等に協力できること

3. 採択団体に求められる事項:

① EFPIA Days における助成金授与式に登壇すること(東京都内にて2017年11月1 日開催予定。変更の可能性があります。)

② 2018年12月末までに助成金を用いた活動を実施すること

③ 2019年3月末までに活動実施報告書を EFPIA Japan 事務局に提出すること。

4. 助成金の用途:

明確な実施計画を有するプロジェクトに用いていただく必要があります。個人への現金の供与、団体の運転資金への補填等には利用できません。

5. 応募方法:

下記の事項を応募用紙(自由書式)に記載の上、PDFフォーマットにて EFPIA Japan 事務局(info@efpia.jp)宛てに 2017年8月31日正午までにご送付下さい。

【応募用紙の記載事項】

1. 団体に関する情報

① 団体名(英語及び日本語) ② ウェブサイト URL ③ 担当者名 (E メールアドレス及び電話番号) ④ 役員名簿 ⑤ 定款 ⑥ 登記簿の写し ⑦ 前年の収支報告書の写し

2. 小論文(1,500 字程度、以下の 3 点について記述)

① 団体の設立目的 ② 団体が実施した過去の活動とその具体的な成果(患者さんへの献身及び貢献を示すもの) ③ 助成金を用いる活動の目的と実施計画(助成金の利用方法を含む)

 

その他、申し込みなどの詳細についてお問い合わせは、EFPIA Japan 事務局(info@efpia.jp)あてにお願いします。